退職を悩む保育士
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士辞めたい > 保育園(職場)を辞める時は円満退職が原則

保育園(職場)を辞める時は円満退職が原則


保育園を辞める

保育園(職場)を辞める時は円満退職が原則

小さい頃からの夢だった保育士の仕事。

でもいざ働いてみると、思い描いていたイメージと違ったりなど、さまざまな理由で退職を思い定める人も多いと思います。

次から働く保育園がすでに決まっている人は、新しい保育園で働くことへの期待で胸がいっぱいになるのと同時に、今の保育園へ退職することをどのように伝えるとよいのか・・・と迷ってしまうものです。

保育園を自己都合で退職する場合、

「仕事を辞めたい」

と自分から言うのは度胸がいると思います。

保育士に限られたことではありませんが、転職は出来る限り円満に進めたいものです。

円満に退職するには、今働いている保育園にできるだけ迷惑がかからないようにしなければいけません。

ここでは、保育士が円満に退職するために考えておきたいことについて、ご紹介します。

退職を決める

まずは、「退職を決めるまで」になります。

なぜ辞めたいのかということを今一度、考えてみましょう。

突発的に一時の気持ちで、深く考えずに辞めると決めてしまうと、後悔することもあります。

1番大事なことは、転職先を決めてから辞めることです。

転職先がすでに決まっているのなら、収入の変動はあったとしても収入が途切れることはないので、今までと同じ生活ができます。

事前に誰かに相談することもオススメします。

1人で様々なことで悩み、結論(退職)を急いでしまって後悔することもあります。

悩んだら自分で決定してしまわないで、誰かに相談することも大切です。

相談する相手は、同僚や先輩など同じ職場の人は避けておいた方が無難です。

悪口や陰口のようになってしまっては、困りますよね。

その他にも、退職することが保育園の他のスタッフに知れ渡ったり、園長にも伝わってしまって保育園にいづらくなってしまったりということも考えられます。

このようなことにならないために、退職や転職の相談をするのは職場以外の友達や家族などにしてみてはいかがでしょうか。

保育士の友達や大学の先生に相談するのがベストかもしれません。

客観的な意見を聞くことで冷静になり、退職から気持ちが変わる場合もありますので、相談してみるのも良いと思います。

保育士が転職を急にすると損をすること

保育士の転職は、計画をしてから行うことをオススメします。

繁忙期を避けて退職の意思表示をする、などは円満退職のためにはとても重要ですよね。

今の職場でどうしても嫌なことがあって突発的に辞めてしまった場合、損をしてしまったり、マイナスなことが起こることもあります。

・職場のスタッフ・園児・保護者からの信頼がなくなる
突発的に職場を辞めてしまうと、いままで築き上げてきた、スタッフ・園児・保護者との信頼関係が一気になくなってしまいます。

また、あなたが突然辞めることによって、保育園側では人数の確保・業務分担・配置などで、大きな迷惑をかけてしまうことになります。

・転職先の方にマイナスな印象を持たれやすい
急に転職をしたことが転職先のスタッフに伝わると、どうしても良い印象を持ってもらうことはできないと思った方がよいでしょう。

「無責任」「やる気がないのでは」「健康面で不安があるのか」「我慢する力がないのでは」など、マイナスの印象を与えてしまうことがあるでしょう。

・転職の準備が不十分
転職活動には、さまざまな準備が必要になります。

ですが、急に転職をしてしまうとどうしても準備不足になりがちです。

せっかく転職活動をしたのに後悔してしまうことがあるでしょう。


・希望条件の転職先に再就職できないことがある

急に転職活動を行うと、希望していた通りに転職活動をすることができずに、思っていたような転職先を見つけることができないことがあります。

どうしても年度途中で今の保育園を辞めたい、転職したい場合・・・

突発的に転職を行うと、どこの保育園でもマイナスのイメージを持たれたり、良い方向に転職活動が進むのは難しいでしょう。

ですが、年度の途中や行事の前に突然辞めたりするのは迷惑がかかるとわかるけど、そこまで我慢して働けるかわからないという人もいると思います。

体を痛くしてしまったり、精神的に限界という場合は仕方がないですが、「すぐに辞めたい!」とあまり考えずに退職し転職したとしても、メリットは期待できないでしょう。

突然仕事を辞めるということは、自分はもちろん、保育園にとっても損やダメージになることが多いでしょう。

そのため転職をしようと決めたら、可能な限り綿密な計画を立ててから行うようにしたいですね。

一般的な会社ですと退職する1ヶ月前に報告しても大丈夫なことがありますが、保育士は1ヶ月前ですとちょっと遅い報告となるのではないでしょうか。

辞めるギリギリで伝えるのではなく、最低でも3ヶ月くらい前、できるなら半年前には相談するとよいでしょう。

保育園では転職される保育士がいるとわかったら、新しい保育士の募集をしたり、新しく保育士の配置などの変更箇所の確認などをする必要があります。

3ヶ月前に退職することを伝えるのは、今まで働いていた保育園に迷惑などをかけないようにするためにも、最低でも退職の3ヶ月前には報告をするようにしましょう。

保育士の転職の時期は、将来に大きく影響されます。

突然辞めないで、しっかりと計画をたててから転職をするようにしましょう。

⇒ 保育士転職サイト ランキング




キーワード