保育士の仕事 家庭と両立

保育士の仕事 家庭と両立させるには


保育士の仕事 家庭と両立

保育士 家庭や子育てと両立するには

家庭と仕事の両立は、働く女性にとって大きな問題です。

それは保育士にとっても同じで、お子さんのいるママ保育士には避けては通れない道と言えます。

残業が多い、お給料が低い、お休みをするのが難しい・・・などハードな仕事内容のことが多い保育士は、子育てをしながら仕事を続けていくのは容易なことではありません。

子育て中だけど、家計のために仕事をしたい、小さい子供がいるから働いていいのか悩んでいるなど、ママさん保育士の悩みは尽きないです。

自分のペースで仕事ができた独身時代とは違って、家庭を持ったらそうはいきませんよね。

特に小さい子どもがいると、ほぼ子供中心の生活になります。

やっぱり仕事と両立するのは難しいかな・・・

と保育士の仕事を諦めようと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
働き始めてみたものの、退職を考えてしまったり。

ですが、子育てをしながら働く先輩保育士はたくさんいます!

ママさん保育士からアドバイスをもらうことで、家庭と保育士の仕事の両立をするコツをもらう事も出来ると思います。

保育士の仕事と家庭、両立出来る環境を作る事も大切

保育士は、残業や休日出勤がある職業になります。

保育士を続けたいのなら、それなりのリスクが伴うのはしかたがないことと割り切りましょう。

両立できる環境を整えることが大切です!

子育てと保育士を両立するときに立ちはだかるのが、自分の子どもの病気です。

病気の子供を家に一人残して出勤なんてできないので、休むしかないですよね。
けれど、休めない時も必ずあります。

行事の時なんてなおさらです。

両親に預けたり、旦那さんに休みを取ってもらうこともあるでしょう。

なので、保育士と家庭の両立には、家族や親せき、友達などに協力してもらうのは欠かすことができないということになります。

それが無理な家庭環境だと、正社員では難しい思いますのでパートで働くなどは必要かも知れません。

それから、働く保育園の協力も必要不可欠ですね。
子育てに理解のある園で働けると良いですね。

転職や復職の際には、面接で「子育てと両立したい」ということを念を押されると良いかもしれませんね。

自分の子供が病気の時に、代わりのスタッフが出勤してくれる体制があるかどうかです。

家庭の事情や出産などで退職して、新たに就職先を探すときには、家庭との両立が可能な保育園を探すことになります。

保育士不足と言われていますが、欠勤しなくてはいけないスタッフの補充ができるように体制を整えている保育園はあります。

自分自身の体力の問題

次にあたなの体力のことを考えましょう。

子育ては体力勝負の所があります。
保育士の仕事も体力勝負です。

子供は全く予定通りに行動してくれません。

夜に全然寝てくれなかったり、すぐに寝たとしても夜中に何度も起こされることもしばしば。
夜泣きでもあろうものなら、徹夜も覚悟です。。

保育士の仕事は、体力も使いますし、子どもの安全を守らないといけないのでいつでも気を張っていないといけない職業です。

体力的にも精神的にもハードな仕事の保育士と家庭を両立するのですから、体力は必要ですよね。

そこで、無理をしない環境を作るのも良いのではないでしょうか。

子育てをしていると、自分の子供のお迎えや家事などがあって、長時間働くのは難しいです。

パート保育士、臨時職員という働き方の選択肢も

家庭や子育てのことを考えて、フルタイムではなく、臨時職員やパート勤務という選択をするのも方法の1つです。

実際に働く時間が短くなれば、家事をこなすこともできますし、自分の子供とすごす時間を確保することもできますね。

保育士が子育てと家庭と仕事を両立できる求人では、時間の融通がききやすいパートが多いです。

ですが、パートで保育士の仕事をするとなると、正社員のときよりもお給料が少なくなる・・・と心配になりますよね。

そこでオススメの働き方が、時短正社員です。

時短正社員

時短正社員とは、「短時間正社員制度」を利用して限られた時間の中で働く正社員のことです。

産休・育児休暇明けの保育士、介護など家庭とのバランスを調整したいという保育士が利用しています。

正社員よりお給料は多くありませんが、有給があったり、ボーナスが出るという所がパートとは違う所です。

時短勤務では1日の4~5時間程度で、保育園によっては早番・遅番がない場合もあるそうです。

時短勤務ですが、正社員という立場は変わりがありません。

勤務時間が短くても、責任のある仕事を任されることもあるようです。

子育てや家庭との両立をしている保育士をサポートする制度ですので、求人情報で時短勤務OKという記載があったら、確認してみることをオススメします。

子育て経験が活かせる保育士の仕事

子育てを経験している保育士は、保護者にとっても心強い存在になります。

子育ての大変さに理解があったり、子育てと両立して仕事をしている同士にもなるので、困ったことや悩んでいることを相談しやすいでしょう。

そのため、保育園にとってもぜひ働いて欲しいと思っている人材なのではないでしょうか。

ベテラン保育士に正社員やパートで働いてもらって、若い保育士へ保育経験を教えてほしいということもあるそうです。

働く場所は、保育園だけではなく、ベビーシッター・企業内保育・院内保育・アミューズメントコーナーなどたくさんの場所があります。

保育士の仕事と家庭の両立は、考えているよりも大変です。

仕事のストレスはあるし、自分の子育ても思ったようにいかないことだらけ。

あなたも家族も笑顔ですごせるように、子育てを優先できる職場探しをしてみてください。

あなたに合った働き方は必ずあります!

なかなか見つからない・・・という時も、諦めずに探していると意外と簡単に決まる時もあります。

もし転職や復職に悩んでいるなら、プロに相談するのも良いですよ。

保育士の転職を専門とする転職エージェントもいくつかあります。




キーワード