保育士転職、成功のポイント
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士転職 > 保育士の待遇改善に向けた新役職について

保育士の待遇改善に向けた新役職について


保育士の新役職

保育士のキャリアアップ、年収アップにもなる?

保育士の仕事、日々大変ですよね。

やり甲斐もある。

でも、もう少しお給料が良ければ・・・と思っている保育士さん、多いと思います。

手取りで13万円とか、やっぱり厳しいですよね?
忙しい仕事ですから。

残業無し、仕事も楽なら良いと言うわけでもありませんけれどね・・・

保育士の仕事は、子供の成長を見守ることができる素敵なお仕事ですが、給料が安いとか持ち帰りの仕事が多いなど待遇面にマイナスなイメージを持っている方も多いと思います。

他の職種と比べても平均賃金が低いこともあり人材不足になりがちな保育士は、待遇の改善が欠かせない職業と言えます。

どうして保育士を辞めてから復帰をしないのか続けていかないのか理由は個人によってそれぞれですが、その中でも問題の一つとなっているのがやはり給料が安いということです。

お給料の低さが原因で、保育士の仕事から離れてしまう人もいますよね。
あなたも給料が低い事で、退職や転職をお考えになっているかもしれません。

そのような保育士の問題を解決して、保育士になる人や復帰する人を増やそう、長く続けられるようにしようと保育士の待遇改善に向けた新役職があります。

認可保育園の役職がつく人は、「園長」「副園長」「主任」になります。

保育施設の規模にもよりますが、一般企業とは異なり細かく役職があるわけではありません。

後は、みんな一律の保育士です。

勤務年数、経験年数、年齢、学歴などでお給料は変わってくるようですが、世間で言われている通り、お給料は高くないと言えるようです。

子どもをおんぶしたり抱っこしたり、ほぼ女性のみの職場になりますので重たい物を持ったり重労働が多いことや、結婚をキッカケに退職を考える人が多くなるそうです。

そのような待遇改善に向けて考えられたのが、保育士の「新しい役職」になります。

保育士の新役職

主任保育士と新人保育士
保育園での役職は園長、副園長、主任の3つしかないので、確かに少ないですよね。

長い間勤務していても、役職につけるということはなく増給を期待できないということになり、子供たちや保護者に喜ばれる保育をしていても給料が上がることはほぼないです。

このことから新しくできたのが「副主任」「リーダー職」という新役職です。

・キャリアアップ研修
各都道府県が開催をする、技能を取得する研修になります。
研修終了が新役職就任の要件となります。
一度終了すると効力は全国で認められることができ、キャリアアップ研修を修了して離職して再就職する場合でも研修終了の効力は維持されます。

研修分野は、
1.乳児保育
2.幼児教育
3.障害児保育
4.食育・アレルギー
5.保健衛生・安全対策
6.保護者支援・子育て支援
7.保育実施
8.マネジメント

になります。

・職務分野別リーダー(月額5千円の処遇改善)
経験年数概ね3年以上
上記研修分野で1~6のいずれかを終了
職務分別リーダーは園に複数いても良い

副主任、専門リーダーの下に位置づけられるスタッフ。
職務分野別リーダーを経験していないと上位の役職には就けない。
キャリアアップを狙っている人は誰もが通る道になる。

・専門リーダー(月額4万円の処遇改善)
経験年数概ね7年以上
職務分野別リーダーを経験していること
上記研修分野で4つ以上を終了していること

主任保育士の下位置づけられるスタッフ
副主任とは違い現場専門のスタッフになる
専門的な知識や経験を活かして働くことができる
園長・主任保育士を除く保育士など全体のおおむね1/3がなれる

・副主任保育士(月額4万円の処遇改善)
経験年数概ね7年以上
職務分野別リーダーを経験していること
上記研修分野8必須+3つ以上の研修分野を終了していること

主任保育士の下に位置づけられる
ライン職になるので、保育業務の他に一般保育士の管理、育成が求められる
園長・主任保育士を除く保育士など全体のおおむね1/3がなれる

保育士 転職活動を成功させるには

保育士は女性が多い職業。

どうしても女性は、結婚や出産をするときに仕事を続けるか辞めるかの選択を促されることが多いですよね。

保育士になって一生懸命働いて、ある程度のスキルや経験を積んだ良い時期に結婚をして離職してしまうというケースが多いです。

一般的な企業でも言えることかもしれませんが、経験豊富なベテラン保育士や新人保育士はいても、中堅の保育士って数少ないんですよね。

担任をもてるようになったころ、結婚や出産などをすることになっても保育士を辞めないで働き続けたいと思うことができる職業だったら、保育士不足で問題になることもなく、保育園にも技術や知識が豊富な良い保育士が在籍しているという状況になることができるでしょう。

保育士の待遇改善案は、まだまだ十分とは言えないです。

実際に給料が上がったという保育士は、多くいるわけではありません。

保育士全員が一律で給料アップするというわけではなさそうです。

誰がいくらアップするか、というのは運営されている方次第になります。

保育施設全部に自動的に支払われるわけではなく、補助金の申請をしなくてはもらうことができないシステムになっているので、申請そのものをしていないということも。

もっと言うと、処遇改善の補助金を保育士に支払わないでいる所もあるでしょう。

行政が給与改善の取組みをしても、もしも保育園の経営者が悪質だと保育士に1円も入ってこないということになります。

保育士の給料は、働く保育園によって差があるのも事実です。

お給料が上がるのを待つだけではなく仕事量と給料が見合っていなければ、給料が高い保育園に転職することを考えるのも良いかもしれませんね。

実際、転職によって年収が30万円、40万円と変わる事は少なくありません。

保育士専門の転職サイトなら、優良な求人情報だけを掲載しています。

ハローワークや求人雑誌には載っていない非公開求人などを多く持っています。

保育士専門の転職サイトを上手に利用して、給料アップを狙うのも良いですね。




キーワード