保育士 給与の悩み
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士の給料アップ > 保育士の給料アップの方法は転職がベスト?

保育士の給料アップの方法は転職がベスト?


保育士 給料アップの方法

保育士が給料アップするには

近年、保育士不足と言われています。

その原因は、お給料の低さ、残業が多い、休みがとりずらいなどの待遇面が問題になることもあるようです。

保育士のお仕事は、どのような勤務をするかによって、条件や環境はかなり違ってきます。

「今の状況がなかなか改善されない」「今より待遇が良い職場で働きたい」と思った時には、転職をするというのも一つの方法ではないでしょうか。

保育士のお給料が安いという話題も近年出てきていますよね。

今よりも高い給料だったら、生活しやすくなるのに。
保育士の給料アップは重要な話題として扱われる事は多いですよね。

中でも、残業代が出ないサービス残業が当たり前だったり、家に持ち帰って仕事をするのが当然となっている保育園も少なくありません。

求人票では、保育園が空いている時間を記載して、働いてみると夜遅くまで事務作業をしたり、イベントの準備をしたりするけど、その分の残業代は出ないとなると働く気持ちを保つのは難しいですよね。

また月給として示されている金額に、見込残業代として残業代が含まれているパターンもあるそうです。

この場合、たくさん残業してもお給料アップを見込めることはありません。

保育士の平均年収

保育士の平均年収は約320万円になっています。

あくまで平均年収ですから、それよりももっと低い年収でお仕事されている保育士さんも多いと思います。

毎日ハードな仕事内容なのに、見合った給料をもらうことができないと、たくさんの保育士が悩んでいます。

保育士を10年近く続けているベテランでも、手取りで20万円を切っている人も少なくないのです。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると

平均年収:約320万円
平均月収:約22万円
平均年間賞与額:約58万円
平均年齢35歳

月収22万円だと、所得税、住民税、社会保険などが引かれて手取りは約18万円くらいになりますね。

もちろん、他の職業でも同じくらいのお給料の人はいますが、他の職業の平均と比べてみると低くなっています。

全職種の平均月収が約30万円、年収は約455万円。

保育士の給与は、全職種の平均的給与よりも低い給与水準だとわかります。

ですが、女性のみの年収にすると約345万円になりますので、保育士とあまり差はないと言えそうです。

このことから、主に女性が関わっている職業は主に給与水準が低いとも言えます。

給与の高い園・低い園、保育士の待遇の違い

ただし、すべての保育園で給与水準が低いとは限りません。

公立の保育施設の場合、給与は地方公務員と同じ扱いになります。

そのため、基本給が安すぎる!ということはないです。

ボーナスも必ず出るので、安定した年収を望むことができるでしょう。

公立施設で働く平均経験年数8.7年の20代~30代の保育士、平均年収は約335万円ほどになります。

産休、育休、有給休暇などの充実した福利厚生を受けることもできますので、長く働くことができる環境が整っています。

地方公務員の給与水準や待遇を受けることができるのは、公立施設で働く正社員の保育士のみになります。

臨時職員、パート、アルバイト、契約社員などの非正規社員は待遇が違ってくるようです。

運営の主体が、国・市町村になるので、国の政策が変わると待遇も変わるということも少なからずあります。

公立施設では、私立の施設と違って給料が高くなっています。

ですが、公立の施設では採用倍率はとても高く、採用されるのは難しい状況となっています。

上でも説明しましたが、いくら公立の施設だからと言って非正規社員で入職するのは収入面で心配なことがありますので、あまりオススメすることはできません。

市町村によりますが、時給1,200円程度の求人が多くなっていて、ボーナスももらうことができないので、私立施設よりも条件が悪くなってしまうケースもあります。

給与アップをするため、そして保育士として長く働くのなら、公立の施設へ転職を検討するのも良いかもしれませんね。

今よりも高い年収で保育士として働きたい!

保育士のお給料は高いとは言いにくくその中でも、仕事内容はラクではなく、子どもが1日を安心して過ごすことができるように安全を守る責任があります。

長年、社会的問題にもなってきている待機児童を解消するために、国や各自治体のたくさんの取り組みがこれからも続いていくでしょう。

特にお給料は、保育士の仕事から離れていく人をこれ以上増やさないためにも、保育士不足で悩まないためにも、とても大切なことです。

保育士のお給料は、これからも良くしていく部分がまだまだあることでしょう。

保育士のお給料がアップするのは不十分と言っても、転職活動中の保育士はちょっとでも高い給料の職場で働きたいですよね。

今は保育園で働いているけれど、もっとお給料が高い勤務先を見つけたいと思っている保育士も多いのではないでしょうか。

そのためには、給料アップをすることができる保育士求人を探すことが大切です。

今よりも高い給料を貰うことができる保育士の求人を見つけるコツをご紹介します!

高給与の保育士求人を見つけるには

求人探しをしようと思った時に最初に思いつくのが「ハローワーク」ですよね。

ですが、お給料が高い求人を探すにはハローワークはあまりオススメすることはできません。

募集をかけたい保育園や企業は、ハローワークで求人をするのは基本的には無料になっています。

求人にお金をかけないということは、できるだけ人件費はかけないようにしたいのかもしれません。

保育士が給料アップをしたいのなら、「保育士専門の求人サイト」を利用するのがオススメです。

保育士求人サイトに登録することで利用できる「非公開求人」に、高いお給料が期待できる求人が多く掲載されていることが多いです。

転職するときに求人サイトを利用することで、転職のプロであるコンサルタントが相談を聞いてくれたり、アドバイスをしてくれたりすることが多いようです。

このように求人サイトや転職サイトを上手に利用することで、満足のできる転職をすることができるでしょう。

これらは全て無料で利用することができるので、より良い条件で働くことができる職場を効率よく探すことができます。




キーワード