保育士退職がしにくい時期
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士転職 > 保育士の転職理由で多いのは?

保育士の転職理由で多いのは?


保育士が転職を考える理由

保育士が転職をするときに気をつけるポイントは、違う園へ転職を希望するにしても、保育士を辞め保育の仕事から離れて仕事をする場合であっても、

なぜ自分は転職をしたいのか

ということを必ず考えたいですね。

保育士の転職理由はどのようなことがあるでしょうか。

給料や労働時間などの待遇面などへの不満、上司・同僚・保護者などとの人間関係が原因のことが多いようです。

仕事の面では、週案・月案・連絡帳などの作成、毎月の作成物、行事ごとの準備など・・・、やらないといけないことが多すぎて勤務時間内に終わらない、制作物など自宅に持ち帰って作るしかない、などたくさんの仕事があり、サービス残業は当たり前になっている、といったことが多いようです。

保育士として給料が安すぎて転職したい

仕事量に比べて、お給料やボーナスが少なく、これではやっていけないという人は多いそうです。

給料が安すぎていつまで経っても一人暮らしは無理。
結婚は無理、という保育士もいます。

保育士の全国平均年収は約310万円、月給は約18万円ほどになっています。

時給では、約850円~1600円ほどになり、働く場所によって違いがあります。

人間関係が理由で転職したい

人間関係が原因で仕事を辞めるのは、保育士に関わらずどんな仕事でも起こりうることです。

保育士は女性が多く、ほとんどが女性の職場になります。

男性保育士が増えてきていると言ってもその数は約4%。
まだまだ男性保育士は少なく、女性だけの職場も多いです。

保育士以外の園長や事務を除くと、他は女性保育士のみという保育園は多いと思います。

ちょっとしたことがキッカケで、嫌がらせをされたり陰口を言われたりするように・・・、毎日のことですから相当厳しいですよね。

みんな仲が良いという職場ももちろんありますが、女性が多い職場ならではという悩みかもしれません。

違う職場、仕事へ転職したい

保育士が転職をする場合、どのような職種に人気があるのでしょうか。

例をあげると、認定保育園や学童保育など保育園と同じような職種が転職はスムーズに進むかもしれません。

保育士の資格や経験を活かすことができる場所としては、病院内保育所、企業内保育所、児童福祉施設などがあります。

子どもと関わるのは好きだから別の保育園で働きたい、と思う方もいらっしゃると思います。
自分の希望する条件に合って続けて働けそうな保育園を見つけたいですね。

または、保育士の資格と経験を活かして、保育園以外の場所に転職するのも一つの手です。

保育士の資格を持っていると有利に就職できる場所はたくさんあります。

保育ママ(家庭的保育事業)、ベビーホテル、幼児教室などの習いごと、学童保育、子供服などの販売員、アミューズメント施設スタッフなどたくさんのお仕事があります。

保育とは全く関係のない仕事を希望する場合には、職種を選ぶことも大切ですよね。

また、職種も大切ですが、転職するときに譲れない条件をハッキリとさせておきましょう。

家庭の事情で残業はできない、稼ぎたいから時給や給料の高い場所が良い、土日祝日は休みたいなど、転職を考えている人によって、希望条件も家庭の事情もそれぞれです。

ですが、せっかく保育士以外の職種に就職したとしても、もう一度保育士に再就職するという方が半数以上いるらしいです。

やっぱり子どもと関わる仕事がしたかったり、今までとは違った仕事というのは続かないのでしょうか。

保育士の方が今の職場を辞めて転職を考えたときに1番不安に思うのが「再就職できるかな」ということではありませんか?

もちろん働く場所はたくさんありますが、条件を選ばなければということになります。

前の職場での経験を活かして、条件のより良い保育園に転職したいということは誰もが考えていることだと思います。

保育士 再就職のコツ

再就職のコツは、転職を決めたら早めに行動をするということ!

自分に条件に合った転職先を見つけるのは、選んだり悩んだりするので、思っているより時間がかかります。

まずは、再就職への希望条件をまとめ、前の保育園を辞めた理由を書き出し、その不満や悩みを解決できる再就職先を探しましょう。

転職することを決めたら、退職する前に再就職先を見つけておくことで収入が途切れることなく働くことができます。

転職するには、いろいろとしなくてはいけないことがありますよね。

履歴書を書く、求人を探す、面接や保育園見学などがありますので、思っているより時間が必要になります。

保育士の中には、働く時間が長く、有給を取ることが難しいという人もいると思います。

保育園の見学をするには、園児がいる時間帯に行きたいですよね。

そうなるとお休みを取って見学に行く必要がありますが、休みを取れない環境であれば難しいことです。

そのようなことを考えて、早い時期から転職活動を始めるのも余裕を持って動くことができるので良いかもしれません。

もう一つの選択肢として、退職してから転職先を探すという考え方もありますね。

自分に合った方法で、転職活動をするようにしましょう。

保育士の転職は年齢も重要

また転職を考えるときに、年齢も大きく関わってきます。

採用する転職先からすると、若い20代の人は体力があるし長く働いてもらえる見込みがあるので採用されやすいです。

30代や40代それ以降のベテラン保育士は、基本給が高め、経験が豊富なので雇いにくいと思っている保育園もあるそうです。

特に小さいお子さんがいる方は、子どもの学校行事や病気などで休むことがありますので、中途採用は子育てが落ち着いた40代以上を優先して採用しているという保育園もあります。

再就職先を探すには、さまざまな方法があります。

転職サイト、保育士に特化した求人サイト、ハローワーク、求人雑誌、知人からの紹介などを上手に活用することが大切になってきます。

たくさんの場所から就職先の情報を集めることで、多くの求人数から探すことができます。

求人の比較をしながら探すことができたり、保育園以外の就職先、保育士以外の職種なども確認することができるからです。

今と同じように保育園で働きたいと思っているのなら、まずは保育士に特化した求人サイトを利用することをオススメします。




キーワード