保育士転職、成功のポイント

保育士の面接対策


保育士の面接対策

保育士転職、面接対策が重要!

年収アップのために違う園へ転職したい

もっと人間関係の良い保育園に転職したい

保育士として転職を考えるきっかけは色々とあると思います。

いずれの場合も転職活動の最大な難関である「面接」がありますよね。

万全な対策をして、保育士としての熱意を最大限にアピールしたい場所でもありますね。

ですが、練習不足が原因で思っていることを伝えきれなかったり、想定外のミスをしてしまう人も少なからずいます。

転職は、新卒とはまた違った面接の難しさを感じている方もいるのではないでしょうか。

保育士の転職の面接では、どんな質問をされるの?どんな準備をしておくと良い?面接時の服装は?髪型は?など、わからないことばかりですよね。

ここでは、保育士転職を成功させるための面接の対策・ポイントなどの情報をご紹介します。

転職をしたい!復職したい!という保育士の参考になればと思います。

保育士転職の面接突破、重要なのは「準備」

面接が成功するかどうかは、「準備」をどれだけしているかということです。

面接を成功させたいのなら、準備をしっかりとしておくことが重要です!

ただし、「自分なりにしっかり準備をしたつもり」では見落としや受け答えが物足りなくなってしまう可能性が高いです。

面接対策に関しては第三者に手伝ってもらうのがオススメです。

周りに面接を担当したことがある人がいると良いのですが、なかなかそんな都合良く採用担当・人事の人はいないですよね。

そこでオススメをするのが、保育士転職に特化した人材紹介会社を活用する方法です。
保育士紹介会社 キャリアコンサルタント
⇒ 保育士に特化した転職エージェント

経験豊富な転職エージェントから、面接対策で必ず抑えておきたいポイントについてのアドバイスなどをもらえるのは、とても心強いと思います。

保育士転職の準備をしっかり行うには、転職支援のプロを活用する方法がやはりオススメです。

保育士の面接対策

面接での質問への準備がカギ!

面接で聞かれることはほとんど決まっていると考えて良いでしょう。

答えることをしっかりと自分で考えて、実際に口に出して練習することがポイントです。

不安な場所は、何度も繰り返すことで自信を持って答えられるようになります。

面接対策はここまでしておくと、安心して挑むことができるでしょう。

保育士の面接で聞かれることは、一般企業とあまりかわらないですが、保育士の面接ならではの質問もあります。

志望動機

保育士の面接だけではなく、一般企業でも必ず聞かれるのが「志望動機」です。
数多くある保育園の中からどうしてこの園を選んだのか、ということをキチンと答えられるようにしましょう。

・子どもが好きだから
・お給料に魅力を感じたので
・自宅から近いから

などの理由もあると思いますが、その他に選んだ理由はありませんか?
その保育園の特徴、保育方針など、ホームページやパンフレットなどで情報を集めて、自分のどのような所が保育園に合っているか、どのように関わっていくことができるかなどを話すとよいでしょう。

自己紹介

ただ名前を伝えるだけではなく、今までどのような経歴を送ってきたかをシンプルに伝えることが大切です。

このときに、自分はどのような性格だということ、どんなことが得意かなどを盛り込むとよいでしょう。

保育に関するピアノ、手遊び、絵、ダンスなどが得意なら、しっかりとアピールしたいですね。

「保育士になろうと思った理由」

保育士の誰もが、「子供が好き」という理由は1番最初になると思います。

ただ、それだと他の人も同じなので、印象に残る答えにはなりません。
保育士になろうと思ったキッカケや具体的なエピソードなどがあるなら、それを話してもよいです。

前の保育園などで子供との関わりで感動したこと、身についたことなどを組み合わせながら、保育士の魅力や熱意を伝えると相手もイメージしやすくなるのでよいでしょう。

自分が子供の頃や実習などでお世話になった保育士や、母親のことなどを入れても良いと思います。

長所と短所

長所と短所を伝える時に、特に短所をストレートに答えるとあまり良い印象を与えることは難しいと覚えておきたいことです。

慎重に考えることが必要なので、必ず対策を立てておきたいことです。
短所は言い方を変えると長所になりますので、短所を言った後で長所で補っているということを伝えると良いです。

短所を改善できる努力をしているということも盛り込んでおきましょう。

退職理由

転職をするときの面接で必ず聞かれるのが、前職の退職理由です。

せっかく採用しても、前職と同じ理由で退職してしまうのではないかということを確認したいからです。

保育士の退職理由で多いのが、人間関係が悪かった、給料が低い、残業が多いなどですが、ネガティブなことは言わないでおくのが無難です。

本当に大丈夫かな?と相手が不安になるようなことはやめておきましょうね。

退職理由は、愚痴や不満に思ったことを思っていることをそのまま話すのではなく、前向きな転職であることを伝えたいです。

前の保育園では園児との関わりが自分が思っている保育ではなかった(退職理由)→一人一人との関わりを大切にしている所に魅力を感じたので貴園を志望しました。(志望動機)」
などがあります。

その他、面接で予想される質問

その他にも

・保育士の仕事の魅力
・保育士の仕事で大切に思っていること
・得意な保育業務
・保護者との関わり
・保育士の仕事で1番楽しいと思うこと
・将来どのような保育士になっていたいか

など、さまざまな質問を受けることがあります。

面接の質問は、想定して考えておくことでクリアすることができます。

いざ面接の日!というときに、慌てて向かうことがないように心掛けたいことや注意するポイントをご紹介します。

服装・メイク・髪型

基本的に、リクルートスーツを着用しましょう。

ジャケットやスカートにシワはありませんか?

ブラウスの襟の首元は汚れはありませんか?

普段着でも良いとしている保育園はありますが、なるべくなら私服は避けておきましょう。
普段着しかない・・・という場合は、ジャケット、シャツ、パンツか膝丈のスカートなどフォーマルな服装をするようにしましょう。

髪の毛の色は、黒か自然な茶色であれば大丈夫です。

明るすぎる色や奇抜なヘアスタイルは避けましょう。
髪が長い人は、ピンやバレッタで留めたり、束ねているとスッキリとした印象を受けることができます。

メイクはナチュラルメイクが理想です。
かと言って、ノーメイクはダメですよ!

子どもと接する保育士にふさわしいメイク、髪型と考えると想像がつくでしょう。

面接日の持ち物

バッグや靴は、黒や茶の落ちつた色のものが好ましいです。
装飾がついていない物が良いですね。
いつもと違ったカバンを持つと忘れがちなのが、ティッシュやハンカチです。
緊張をすると汗をかきやすくなりますので、準備しておきたいですね。
替えのストッキングがあると、何かあった時に心強いです。

好印象を与えるには、第一印象が大切!

だらしない人というイメージを第一印象で与えると、その後も「だらしない」というイメージが先行してせっかく面接の準備をしてきても、台無しになってしまうことが多いです。

面接に合った服装か、靴やかばんは汚れていないか、髪型は崩れていないか、派手な化粧や爪をしていないか、笑顔ができているか、など相手に清潔感を与えられるように気をつけましょう。

面接時のマナー

新卒の保育士はまだ許されることでも、社会人を経験している既卒の保育士は、必ず社会人としてのマナーを守りましょう。

面接の時間に遅刻することはあってはならないことです。

ですが、早すぎるのも迷惑がかかることもあります。
10分から5分前くらいに到着するようにしましょう。

挨拶や会話は、相手にきちんと声が届くように大きな声でハキハキと!

面接担当の方以外のスタッフ、園児、保護者にも挨拶するのがベストです。
保育士の面接なので、自然な笑顔でいられるようにしたいですね。

明るく社交的な印象が大切です。

保育士の面接は、一般企業と同じ所もありますが、保育士独自のこともあります。

かといって、難しく考えることはありません。

しっかりと準備をして練習をしておくことで、面接対策を取ることができます。

面接は一発勝負です。

準備を怠らず、あなたの転職への熱意を存分にアピールしてください!

⇒ 保育士に特化した転職エージェント




キーワード