保育士の年収アップの方法とは

保育士給与、手当の種類について


保育士給与 手当

保育士の手取りを少しでも増やすために

最近では、保育士の給料の低さと待遇改善の必要性が話題になっています。

残念ながら、給料と仕事の量やキツさが見合わないというイメージが定着しつつあります。
少しずつ、給与水準が上がるように改善はされつつありますが、それでもまだ保育士の給与は低いと感じる方は多いのではないでしょうか。

保育士の平均年収

実際の保育士の平均年収は

・私立保育園→平均給与約22万円、ボーナス約58万円、年収約320万円
・公立保育園→私立保育園の保育士の約2倍

という統計があります。

あくまで平均年収ですから、私こんなにもらってない!という方の方が多いかもしれませんね。
手取り12万円なんだけど・・・といったような保育士さんは多いのではないでしょうか。

特に、新人保育士、20代の間は安い給与で頑張っている方も多いのではと思います。

職場によっては30代、40代でも20代の頃と変わらないような手取りで保育士として働く方も・・・。

保育士として、少しでも高く手取りを得るには手当の支給が多い保育園などへ転職をする、という手もあります。

保育士給与、手当の種類について

毎月のお給料の他に、手当があります。

保育士の手当には、どのようなものがあるか知っていますか?

保育士の給与は一般的な会社と比べて低いと言われていますが、今回注目したいのが「手当」になります。

保育士の給料以外の手当をご紹介します。

資格手当

保育士の資格を取得している人に与えられる手当です。

保育士資格は国家資格です。

価値のある資格に手当が付くのですから、嬉しいことですよね。
ただし、全ての保育園で支給されるわけではなさそうです。
また、支給額も差があります。

保育園によって違いがあるので、確認が必要です。

役職手当

主任や副園長などの役職や管理職に支給される手当になります。
金額は保育園によって違いがあるようです。

また、2017年から新な役職として、副主任保育士・専門リーダー・職務分野別リーダーができましたので、条件をクリアすることでそれぞれに手当が支給されるようになりました。
これにより、年収が少しアップする保育士さんも増えたのではないでしょうか。

特殊業務手当

保育園の行事に関する手当が支給される、「特殊業務手当」。
比較的、多くの保育園で支給されている手当ですね。

これは、行事などで通常業務以外の仕事が増えた時の手当になります。

保育士は毎日の通常業務に加え、毎月ある行事の準備をすることは負担になりますよね。

時間外の仕事になったり、自宅に持ち帰っての仕事になったりすることもあるので、行事に対して手当を支給するという保育園ならではの手当になります。

例えば、お遊戯会がある時期には1ヶ月以上前から準備をしておく必要があります。

「劇をするのか」「楽器演奏をするのか」「どんな歌を歌うのか」「ダンスをするのか」などを考えます。

その間にも通常の業務はあるので、勤務時間外に準備時間を取られることが多く、制作物も計画的に作成していかなくてはいけません。

特殊業務手当は、保育園によって支給のされ方は違います。
毎月のお給料に組み込まれて求人情報に出ていることもありますので、これから転職をお考えの保育士さんは注意が必要です。

保育園を選ぶときには、特殊業務手当がどのように支給されるか、金額はいくらか、確認しておくと安心して働くことができますね。

ただし、支給されるかどうかは保育園によって違ってきますので、しっかりと確認しましょう。

ボーナス(賞与)

基本的に正社員が対象となるのが、ボーナスです。

保育園によっては、パート勤務でもボーナスが支給される場合もありますが、ボーナスの支給は義務ではないので保育園によっては支給される所とされない所があります。

ボーナスがない保育園では、基本給を高めに設定して毎月の給与が高めになっている所もあるようです。

年収で見た時を考えて、ボーナスのあるないは確認しておきたいですね。

(例)基本給の高低とボーナスの有無
・基本給22万円、ボーナスなし=年収264万円
・基本給17万円、ボーナス3ヶ月分=年収255万円
(※手当や控除は含まないで計算しています)

ボーナスは基本給の2~4ヶ月分ということが目安になります。

ボーナスが支給される場合、保育士のボーナスは比較的安定していると言えるでしょう。
毎年受け入れる子供の人数が決まっているので、保育園全体の収入に変化がないのが大きな理由です。

保育士の経験年数に対してボーナスがアップしていくことはあっても、今年の業績が良かったからボーナスが高くなるということは、無いと思っていた方がよさそうですね。

逆に、今年の業績が悪かったからボーナスカットということも心配なさそうです。
保育士のボーナスは、働く保育園によって違いがあります。

また、ボーナスからも健康保険・介護保険・厚生年金・所得税などが引かれるので、実際の手取りの額は違ってきます。

通勤手当

勤務先までの公共機関の電車やバス代なども、手当で支給されます。

保育園によっては上限を設定している場合があり、5万円ならほぼ全額支給されるということになります。

ただ、上限1万円という保育園もありますので、通勤で利用する定期代とのバランスを考えて、自宅から勤務先までの経路を考えたりしなくてはいけないかもしれません。
保育園によっては、通勤手当の支給はないということもあるそうです。

残業や持ち帰りの仕事が多い保育士ですので、あまり遠い場所から通勤しているのなら、保育園に近い場所に引越してしまうというのもいいかもしれませんね。

扶養手当

扶養手当とは、扶養控除とは別で、生計が一緒の家族がいる場合に支給される手当になります。
扶養手当を支給している保育園は、珍しいみたいですので、確認してくださいね。

住宅手当(住宅補助)

保育園によっては、家賃や住宅費を補助する住宅手当の支給があることもあります。

特に待機児童が多い地域では、保育士の待遇改善策で家賃補助に力を入れているので、かなりの補助を受けることができるところもあるようです。

保育園では、1万円前後の住宅手当を支給している所が多いです。

毎月支払う家賃ですので、少しでも多く支給されるととてもありがたいですよね。

東京都などは保育士を確保するための補助金もあり、非常に高額な住宅補助を行っている保育園もあります。

手当支給のために条件がある保育園も多いですから、詳細を事前に確認する事が大切となりますね。

手取り額を高くする、保育士の手当に注目してみてください

保育士がもらえる手当は、様々な種類があるということがわかりました。

保育園によって、支給の有無・手当の種類・支給される条件などが違ってきます。

働く理由はお金だけではありませんが、モチベーションを保つ重要なツールになるのは本当のことです。

就職してから、こんなはずじゃなかった・・・なんて思いたくないですよね。

働き始めて後悔をしないためにも、保育園によって違ってくる「手当」「基本給」「年収」などをしっかりと確認しておきましょう。




キーワード