保育士の転職

保育士資格で働ける施設


保育士が働ける職場

保育園の他に、保育士が働ける施設について

保育士が働く場所は?と聞かれると、保育園!とほとんどの方が思われるのではないでしょうか。

保育士の資格を取得したけど、保育園の他にも資格を活かすことができるのはどのような職場があるのか、よくわからないという方も多いと思います。

保育士が働くことができる仕事の種類はたくさんあります。

頑張って取得した保育士資格です。

保育士の資格や経験などを活かすことができる職業を知っておくと良いですね。

もし保育園での仕事、残業や休日出勤、自宅への持ち帰り仕事などが辛い・・・今の職場を辞めたい。
と思ったとしても、保育士の資格を活かして働ける職場を探したいとお考えになる方も多いと思います。

そうしたとき、保育士資格を活かして働ける施設を覚えておくと、役立つかも知れません。

保育士求人サイトなどでも、実は少数ではありますがこうした施設からの保育士求人を見つける事が出来る場合もあります。

保育士資格で働ける施設

児童福祉施設とは

児童福祉施設は、児童に対する福祉サービスを行う下記の14の施設のことを言います。

子どもと保護者、障がいを持つ児童を援助する施設などもあります。

0歳~18歳までの子供たちを預かります。

・助産施設
・乳児院
・母子生活支援施設
・保育所
・児童厚生施設
・児童養護施設
・知的障害児施設
・知的障がい児通園施設
・盲ろうあ児施設
・肢体不自由児施設
・重症心身障害児施設
・児童自立支援施設
・児童家庭支援センター

では、子どもに直接かかわる保育園以外でのお仕事をご紹介します。

乳児院

保護者や親族のいない場合や、保護者との死別、子供を育てていくことが難しくなったなど何らかの理由で2歳未満の乳幼児を育てていく施設です。

保育園との違いは、お迎えがないこと。
乳児院で生活している子供を見ることになります。

家庭で行うように、ミルクを飲ませる、沐浴をさせる、おむつ替え、お散歩など、子供が一日の生活を送ることがd系るように見守るお仕事になります。

親代わりとして子どものお世話をすることになります。

虐待を受けている子、親のことを知らない子、親からの愛情を受けたことがない子など、保育士として働いているときにこのような子供の姿を目の当たりにするので、辛い気持ちになることも多いです。

ですが、子供の笑顔や成長していく姿を見て、勇気をもらっている保育士も多いはずです。
辛いこともありますが、保育士として自分のできることを見つけ出す。
そのように活躍することができます。

母子生活支援施設

母子生活支援施設は、生活上の問題で保護者に養育してもらうことができない18歳未満の児童が入所できる施設です。

また、配偶者のいない女性も支援を受けることができます。

子どもの生活に密接に関わってサポートしたい、両親または母親に対するサポートもしたいと言う思いを持っている方にやりがいがある施設になっています。

子どもの保育、学習、生活指導が保育士の仕事内容となっています。

母親が働いている場合は、子どもの送り迎え、病気時の看病やお世話、学校などへの送り迎えなどを行うこともあります。

母親に対して、育児相談、お仕事探しなどの相談など、いろいろとサポートすることができます。
一般的に求人見ることは少なくなっています。

欠員補充があるときに募集があるかどうか・・・ということが多いので、定期的に求人があるかチェックすることをオススメします。

児童館

児童館で働く保育士は、「児童厚生員」と呼ばれるお仕事になります。

午前中は、赤ちゃんや小さい子供がママと一緒に遊びにきます。
午後は、学童で毎日利用している児童やフリーで遊びに来る子供の両方がいます。

子どもたちが安心して生活することができるように、保育士は名前をしっかりと覚えておきたいですね。

児童館の求人を探すには、3つの方法があります。

・各市町村の児童館担当の方に児童厚生員の募集について問い合わせる
・各児童館に直接聞いてみる
・児童館でボランティアで働いて、関係者と繋がりを作って求人情報を聞く

市や自治体の広報誌で児童館の指導員求人などが掲載されている事もあります。

児童養護施設

乳児以外の18歳までの児童が入所する施設となります。
児童養護施設では、子どもの生活全般をサポートするため児童養護法で保育士の配置が義務付けられています。

知的障がい児施設

知能指数が70以下の知的障がいを持つ18歳未満が入所する施設です。
知的障がい児施設では、児童を保育するプロとして保育士の配置が法律で定められています。

知的障がい児通園施設

自宅で生活できる中度の知的障がい児や発育障害を持つ20歳未満が通園する施設になります。
保育士の仕事内容は、子どもの年齢や発育状況に応じた生活指導を行うことです。
障がいの度合いによってクラスで分けられていますが、一人一人により添った指導が必要になります。

保育士資格を活かすことができる仕事は、他にもたくさんあります。

インターナショナルスクール

英語力が必須となりますが、保育士の有資格者がの求人を見る事ができます。
英語に自信がある方は、高待遇での採用が期待できます。

幼児教室

塾やピアノなど、習い事教室の講師として活躍することができます。
特技を仕事にしたい方にオススメです。

歯科・産婦人科などのクリニック内にある保育スペース

患者さんが安心して治療を受けることができるように、保育士がお子さんを預かる保育スペースを準備しているクリニックが増えてきています。
勤務時間が比較的短めなので、家事や育児と両立しやすい職場になるのではないでしょうか。

企業内保育所

一般的な保育園との違いは、企業の就業時間に合わせて開園しているので、休日や勤務時間も企業に準じています。
保育園よりも人数が少ないので、1人1人としっかりと向き合った保育を目指している人にオススメです。

この他にも、ショッピングモール・スキー場・劇場・ベビーシッター・遊園地スタッフ・テーマパークなど、保育士が働く場所はどんどん増えてきています。

美容院でも保育スペースを設置するところも増えていますし、整体院も同様です。

保育士の資格を活かして働ける職場はたくさんある!

保育士の資格を持っていると働くことができる施設は、思っているよりもたくさんの種類があるということをご紹介しました。

保育士の資格を持っていると、それだけ社会に役立った仕事をすることができる、ということだと思います。

いろいろな形で、保育士の資格を活かすことができるということにもなりますよね。

今回ご紹介した他にも、保育士の資格を持っていることで活躍できる職場がまだあるかもしれません。

「保育士資格」と言っても、多種多様な働き方をすることができるのです。

様々ある保育士の資格を活かして働ける場所を知って、1人でも多くの保育士が自分に合った職場で働き、活躍してほしいと思います!

⇒ 保育士転職サイト ランキング




キーワード