保育士、転職先の仕事内容

保育士転職、給与アップ


保育士転職、給与アップ

給与アップしたい時の保育士転職、待遇にも注目してみる

保育士の仕事は、誰でもできる仕事ではありません。

大切な子どもを預かり、健やかな成長を見守る保育のプロになります。

保育士は保育園に通う子供にとって先生であり親代わりになってくれる人、私たち親にとっては尊敬する大切な存在になる専門職です。

しかし、給料が安い・・・とお悩みになっている保育士さんも多いのではないでしょうか。

生活が成り立たないから、と保育士の仕事を辞める人もいるくらいです。

現在、保育園業界は売り手市場と言われています。

どこの保育園でも保育士不足になっているので、保育士を確保しようと園同志で競争しているということも話題になっていますよね。

少しでもお給料が高い保育園で働きたいと思っている保育士は、少なからずいると思います。

求人票を見ているけどなかなか条件の合う場所を見つけることができない・・・と転職を諦めている保育士も多いのではないでしょうか。

もしも、月給が思っているよりも低い求人ばかりだと思っている方、月給以外に着目して転職先を探してみてはいかがでしょうか。

好条件の保育士求人を探してみる

保育士求人サイトで給料の高い保育園を探す
保育士を募集しているけど人が集まらないとなると、運営できなくなりますし、保育園自体が続けられるかどうか・・・ということに関わってきます。

そうなれば、待遇を良くして保育士を集めようと思うのは自然な流れですよね。

求人サイトや転職サイトには、たくさんの募集が出ていますが、記載されていることを隅々まで細かくみてみましょう。

給与は約18~21万円程度になっている求人が多いかもしれませんが、それ以外の福利厚生を充実させて他の保育園と違う所をアピールして保育士を確保しようとしている保育園もあります。

例えば、年間ボーナスが他よりも多かったり、住宅手当がついていたり、毎年昇給するという保育園があります。

オススメは住宅手当、家賃補助ありの保育園です。

自治体によっては保育士確保のための補助策として、補助金を交付しています。
それを利用して家賃補助ありの保育士求人を出している保育園などもあります。

ですから一部の保育園となりますね。

家賃補助を受けるための条件も色々とあるのが通常ですから、事前にしっかり確認してみる事をオススメします。

目先の月給ばかりにとらわれず、ボーナスや待遇や福利厚生をしっかりと計算し、手にできるお給料を少しでも豊かにできるような保育園を探して転職を目指すのが収入アップのコツとなりますね。

保育士の福利厚生について

保育士の福利厚生はどのような内容があるでしょうか。

有給休暇

有給休暇の正式名称は「年次有給休暇」という言います。

勤務開始から6ヶ月後から1年間で10日有給休暇を付与されると法律で決まっています。

一般的に有給休暇を使わなかったら、使わなかった日数分、次の年度へ繰り越すことができます。

また、有給休暇は勤続年数によって加算されていきます。

6年半以上同じ勤務先で働いている場合は、1年間で20日間の有給休暇が付与されます。

出産、育児時

出産を控えている妊婦さんの場合、保育園にもよりますが、産前6週間前(42日)から出産当日までの間を産前休暇を取得することができます。

双子の場合は14週間前(98日)となっています。

出産後は、産後8週間(56日)産後休暇を取得することができます。

産前・産後のトータルの産休期間となります。

仕事復帰は産後42日からで、医師と助産師の許可を受けてから働くことができます。

公立保育園の場合は、出産の8週間前から産休期間を取得することができます。

期間は産後の育児休暇を含めて3年間となっています。

その間、特別給与の支給を受けることができます。

育児休暇、育児時間

育児休暇は、出産してから58日目から子供が満1歳の誕生日を迎える前の日までとなっています。

条件を満たしているケースのみ、子供が1歳6ヶ月になるまで育児休暇を利用することができます。

育児休暇は男性保育士も取得することができます。

ただし、パート・アルバイトの場合は取得することができないので注意してくださいね。

育児時間という言葉をご存知ですか?

1歳未満の子供を育てる場合、1日2回の育児時間を取得することができるという制度です。

時間は1回30分となっています。

2回分まとめて1時間子供のお世話をすることも可能です。

この育児時間は、1歳になっていない子供を持つ女性のみが取得することができます。

パート勤務(4時間以内)の女性は、1日30分子供のお世話をすることができます。

ボーナス(賞与)

これから新しい職場を探している保育士、転職を考えている保育士は、たくさんある保育士求人の中から、ボーナス4ヶ月胃所の求人に限定して求人情報を探してみてはいかがでしょうか。

多い所ではボーナス5ヶ月以上という保育園もあります。

ボーナスをたくさんもらうことができるという気持ちでいると、毎日の仕事のモチベーションアップにもつながりますね。

その他、手当

「特殊業務手当」は、毎月のようにあるイベントや行事を特殊業務として、それに対して支払われる手当のことです。
ほとんどの場合、行事などは毎月あるので固定金額で計上されることが多いようです。

「管理職手当」「主任手当」などは、基本給のほかに役職であるリーダーや主任、管理職に就くことで支払われる手当のことです。
2017年から始まった「副主任」「専門分野リーダー」などの配置によって、中堅保育士の待遇アップが期待できます。

手当は、健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険などがあります。

退職金などに関してもしっかりと確認しておく必要があります。

いざ退職となったときに、思っていたより退職金が少ないとならないように、確認しておくと安心ですよ。

待遇や福利厚生は、働く保育園によって違ってくるので、転職先を決める時には内容を把握してから選ぶようにしましょう。




キーワード