保育士転職についての悩み
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士転職 > 保育士転職に良い時期について

保育士転職に良い時期について


保育士 転職時期

保育士転職に良い時期ってある?

転職をお考えになっている保育士さん向けに情報を掲載しています。

保育士転職に良い時期、また実際に好条件、希望の仕事の働き方で勤務がしやすい保育園や託児所などを見つけるために便利な保育士転職サイトについて、ご紹介をしています。

転職を意識し始めたら、やっぱり早く良い保育園(こども園とか、気になっている転職先)を見つけて転職したいという気持ちが強くなりますよね。

今よりもっと良い職場に転職したい!

とはいえ、今すぐどうしても辞めたい!という退職理由が無い限りは、やはり次の職場を見つけてから辞めるのが一般的です。

仕事を辞めたら収入が途絶えますからね・・・。

もちろん勤続年数に応じて失業手当がもらえますが、自己都合の退職の場合には3ヶ月の待機期間があります。

それに失業手当の給付を受けるには、「求職活動」と認められる活動をしなければなりません。

退職してから少しの期間、リフレッシュしたい、今まで行けなかった長期旅行に行きたい!などあるかもしれませんね。

どうしても休みたい!待機期間も待つ、というのであれば別ですが・・・多くの保育士さんにとって、あまり退職してからのブランク期間は空けたくないのではないでしょうか。

転職の基本はブランク期間を空けない、という事。

でも、保育士の需要がとても高まっている今、保育士さんに関してはブランク期間が空いても問題無い場合も多いでしょうね。

保育士不足で獲得競争になっている地域も多いですからね。
特に神奈川県や埼玉県などは東京都以上に保育士不足が深刻と言われています。

経済的に余裕があって、今の職場での保育士としての仕事で疲れ果ててしまっている場合。
休みたい気持ちが強い場合には、少しお休みの期間を取っても良いかもしれませんね。

保育士転職 求人が多い時期

保育士として転職活動をする際、保育士求人が一年で最も増える、年明けの1月、2月、3月といった時期に仕事探しをした方がより多くの保育園などの求人情報が得る事が出来ます。

年明け1月~3月は、一般的な転職時期とも言えますね。

保育士さんの多くがこの時期に転職活動をされますので、それに合わせて保育園側も4月から勤務可能な保育士さんの募集を多く行います。

保育士転職、早めの情報収集がカギ!

正社員の保育士求人が多く、転職先を探すにはたくさんの選択肢があるこの時期、出来るだけ早く情報収集をスタートされるのがオススメです。

確かに3月頃までは保育士求人も多いのですが、3月中旬、後半ともなると、それまでに保育士を確保出来なかった駆け込みでの募集、といった感のある保育園などが増える印象です。

もちろん、採用予定だった保育士からの辞退などがあって再度、採用を行っているようなケースもありますが、人気の保育園や高待遇の職場は少なくなるかも知れません。

そうした職場は、やはり採用が確実に進むようです。

3月になると、転職を考える保育士さんにとっても「4月から働き始められる転職先を見つけるのに少々焦りを感じる時期」かも知れませんね。

早く転職先を決めて、正式に辞める事を園長に伝えなくては・・・」といった焦りなどもあるかもしれません。

4月から働く職場が無いかも・・・といった焦りから、妥協して転職先を決めてしまう可能性もあります。

もっと働きやすい園を探したい、時のオススメ保育士転職サイト

もし今の園を辞めたい、と転職活動をお考えであれば、少し早い時期、年明け前の12月には保育士転職サイトに登録をして、コンサルタントと一度時間を取って、希望条件や転職理由、これまでの勤務経験などを状況共有されておく事をオススメいたします。

雇用形態に関しても、正社員、パート・アルバイト、派遣と対応している働き方にも各社で違いがあります。

正社員としての転職をご希望であれば、保育士求人数が多い、

⇒ 保育士バンク

⇒ 保育ひろば

などがオススメです。

派遣保育士求人も検討してみたい、と言った場合には、

⇒ 保育ひろば

⇒ 保育情報どっとこむ

などがオススメです。

早く情報収集をスタートする事で、準備期間がしっかり取れるメリットがあります。

保育園が保育士を採用するためのタイミングは、年々早まっているという背景もありますので、転職をお考えになる際には、出来るだけ早めのスタートが重要といえそうです。

特に新設保育園、オープニング募集に関しては確実に保育士を採用したいという事情から、他の保育園よりも早く募集を出す事が多いそうですよ。

人間関係がまっさらに始められる新設保育園のオープニング求人を狙っている保育士さんは、早めの情報収集が吉といえます。

年度途中の転職はあり?保育士を辞めるタイミング

保育士紹介会社コンサルタント
年度途中の転職をお考えになっている保育士さんも多いと思います。

年度替わりでの退職は、ある程度予想をしている保育園も多いです。
従来的にも人の入れ替わりの時期ですから、退職をするにしても比較的、手続きも進めやすい事が多いとはいえます。

それに対して年度途中の退職に関しては、特別な事情がない限りは避けた方が良い、と考える園がほとんどでしょう。

特に担任を持っているにもかかわらず、5月、6月などで辞めるのは、やはり余程な事情と見られます。

転職活動をしている際に面接でも、

なぜこの時期に辞めたのですか?

と確実に聞かれるでしょうから、しっかりと転職理由を考えておくことが必要ですね。

子供達や保護者、残る同僚や保育園への影響を色々と考えると、本来は年度途中の転職は避けた方が良いといえます。

しかし、事情があってどうしても・・・となればやはり仕方ない面もありますよね。

その場合には、出来る限り円満退職を目指す事が大切です。

年間行事などを考えて、業務が落ち着いている時期で退職日を交渉をする事も重要といえますね。

また、あなたの代わりとなる保育士の採用期間を考えて、1ヶ月、2ヶ月以上は退職まで期間を見るべきでしょう。

就業規則に退職時は1ヶ月前までに意思表示など規定があると思いますので、こちらも確認しておかれると良いです。

繁忙期は引き継ぎも難しいでしょうし、引き留めもあると思います。

年度途中、それも突発的に退職をしようとした場合にはやはり職場に大きな迷惑をかけてしまう可能性があります。

転職するにしても、出来る限り保育士業務が落ち着く時期で交渉を進めてみてください。

確かに4月は保育士さんの転職時期として、年度替わりで区切りの良いタイミングですよね。
しかし、年度途中であっても保育士求人は多く見つかります。

年度途中であっても事情があって退職する保育士さんも多いですからね。

欠員募集ということで早急に保育士を採用したい、急募という求人案件もあります。
また、新規開設の保育園にしても4月以外にも開園予定の場合も多いです。

保育士求人を専門的に扱う保育士転職サイトでは、年度途中の保育士求人についても多数の情報を得ることが可能です。

また年度途中の退職は辞めるのが大変では・・・?と不安な保育士さんに対しても、退職手続きについてのアドバイスをもらう事が出来ます。

転職が決まった後は、引継業務などとの調整から入社日の調整も必要です。

そうした調整に関しても、保育士転職サイトを利用する場合には、コンサルタントが代わりに行ってくれますので保育士さんの負担を少なく転職を勧めることが可能です。




キーワード