おすすめ保育士転職サイト
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士転職 > 保育士転職の時期、保育士求人が増える時期

保育士転職の時期、保育士求人が増える時期


保育士転職 時期

保育士の転職に最適なタイミング

保育士として転職される方も増えてきています。

転職する事によって、より働きやすい職場へ、高給与が得られる職場を見つけて、よりイキイキと保育士として仕事を続けていく事が出来る可能性があります。

転職をお考えになるきっかけとして、日々の不満も多いとは思いますが、結婚もありますね。

結婚した後の保育士としての働き方を考えた場合、もっと家庭に時間が取れるはたらきかたをしたいと転職を決断される方は少なくありません。

保育士さん一人ひとりの希望条件、希望の働き方を実現するためには、転職は時に必要といえます。

ただし、保育士の転職にはタイミングが重要です。

タイミングを間違うと退職時にトラブルを引き起こしやすいですし、引き留めにより思ったように転職が出来ない可能性もあります。

保育士の転職タイミングとして、最も最適なのはいつの時期なのでしょうか?

保育士転職、最もベストな時期は新年度スタートの4月

保育園では、4月から新年度が始まります。

色々な事が新たにスタートとなりますから、退職・転職時の引き継ぎなど保育園としてもスムーズにいく時期です。
辞めるなら年度末まで待って、と言われることも多いのではないでしょうか。

元々、年度末は退職者が出やすい時期ですから、ある程度事前に退職意思を伝えておけば退職願も受理されやすいと言えます。

保育士の転職を考えた場合、最もベストな時期は年度末、新年度の時期と言えます。

転職活動もこの時期に照準を合わせて保育士求人をお探しになると良いですね。

一般的に転職活動にかかる期間は、2ヶ月程度です。

年明けの1月から保育士求人も増え始めて2月、3月に求人数がピークとなりますので転職活動もしやすいでしょう。

年度途中の転職は無理?

年度途中の転職は、特にクラス持ちの保育士の場合には迷惑を掛ける事になってしまいます。

保育園、同僚保育士、子供達、父母など関わる全ての方に影響が出る、といっても過言ではありません。

そのため、年度途中の転職は良くないという暗黙の了解はあるといえます。

とはいっても、どうしても事情があって退職したい、転職したい、といった事はあります。

ですから年度途中の退職などは、決して無理ではありません。

出来る限り円満退職を目指すために、少しでも園行事が落ち着いている時期に退職を交渉するなどの配慮は必要と言えます。

ただし、体調や精神的な病気などが理由での退職といった場合には、その限りではありません。

保育士求人が増える時期を狙って転職活動

保育士求人が増える時期についてみていきましょう。

転職するにあたっては、職場の選択肢が多い方が良いですよね。
より好条件、高年収、自分に合った保育園やこども園、託児所などが見つかる可能性が高くなります。

保育士求人が増える時期は、2回といえます。

保育士求人が増える10月頃

最近は保育士さんの転職時期が早まっていると言われ、10月頃から情報収集をスタートされる方も多いそうです。

また保育園側も早く人材計画を固めたい場合、年度途中での退職者が出るケースなどもありますが、10月頃から求人を始める場合もあります。

新規オープンという場合もありますね。

そのため10月頃も、徐々に保育士求人が増える時期として転職活動には良い時期となってきています。

この時期に情報収集を開始して、地域での保育士の給与相場をつかんでおいたり、自分はどんな働き方がしたいのかをじっくり求人を見ながら考えるといった事も良いかもしれません。

余裕を持って情報収集が出来る時期ですから、様々な保育士求人を見て視野を広げてみても良いかもしれません。

一年で最も保育士求人が増える2月、3月頃

保育士の中途採用の求人数は、例年、2月、3月がピークといえます。

5月~6月は求人数が減ります。
4月入職も落ち着きますし、ゴールデンウィークもあり採用活動をする保育園などは非常に少ない時期です。

保育士転職のタイミングとして、年度末に退職、4月入職をお考えの方も多いと思いますので、2月の保育士求人数が多い時期に転職活動を始めるのはタイミング的にも良いといえますね。

選択肢が多く持てますので、より自分にあった好条件の保育園などを探しやすい時期です。

年度途中の保育士求人について

年度途中でも今は非常に多くの保育士求人が見られます。

年度途中の保育士求人は大きく分けて2種類の性質があります。

・年度途中の退職者が出て、至急、補充をしたいという求人
・新規オープンの保育園、託児所などの求人

退職者補充のための保育士求人の場合、年齢不問、未経験OKといったように、応募しやすい求人となっていることも多いです。

経験よりも、保育士の人数を揃える事を重視した求人ともいえます。

そのためブランク期間が長くても、経験が浅くても採用されやすい場合が多いですね。

もちろん、経験者であれば即戦力として歓迎されますから、速攻で転職先が決まるケースも。

ただし内定が出やすい分だけ、事前にしっかりと情報収集をして自分の希望に合った働き方が出来る保育園なのかどうか、といったことは判断する事が重要といえますね。

保育士転職エージェントを利用して、情報収集

保育士としてお仕事をしている方は当然、毎日とっても忙しいと思います。

離職中で復職先を探したい、というママ保育士さんも子育てなどもあって忙しいのではないでしょうか。

そうした忙しい保育士さんの転職をサポートしてくれるのが、転職エージェントです。

保育士転職に特化している転職エージェントも多いですから、ぜひ情報収集に活用をしてみてください。

⇒ 保育士バンク

⇒ 保育ひろば

⇒ ほいく畑

などの保育士求人に特化した転職エージェントをご紹介しています。

自分で調べるよりも詳しい保育園、こども園、院内保育所、託児所などの情報を持っています。

気になる職場が見つかれば、見学同行の依頼も出来ますよ。

実際に自分の目で見るのがやはりオススメですからね。

時間を調整して、ぜひ気になる求人が見つかりましたら見学に行かれてはどうでしょうか。

転職しやすいとはいえ、保育士不足がいつまでも続くわけではありません。

子供が減少していますからね。

ゆくゆくは保育園も余ってしまう淘汰される時期が来ます。

それまでに、通用するキャリア、求められる保育士として経験を積める職場を選ぶ事も重要な転職のポイントではと思います。

職場の詳しい情報を持つ転職エージェントの力を活用しながら、自分に合っている職場探しをぜひ行ってみてください。




キーワード