保育士求人を探すベストな時期
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士転職 > 保育士転職活動 いつから始めるのがベスト?

保育士転職活動 いつから始めるのがベスト?


保育士 転職活動の時期

保育士の転職理由

転職を考えている保育士さん、こんなお悩みはありませんか?

・この保育園でスキルアップは難しい
・持ち帰りの仕事が多い
・休日出勤、サービス残業
・1人で転職活動をするのが不安
・今働いている保育園の園長や主任、同僚と合わないから転職をしたい
・求人雑誌などで転職先を探しているけど思っているような所が見つからない
・保育士以外の職種も検討してみたけどやっぱり子供と関わりたい

など、他の保育園に転職したい方の理由はそれぞれです。

ですが、転職をしたいと思う1番の理由は、「今働いている保育園になんらかの不満があるから」ではないでしょうか。

人間関係があまりよくなかったり、休みを取れないくらい仕事量が多かったり、給料が安いなどが理由で、保育士以外の職種への転職や退職を考えている方もたくさんいます。

しかし、保育士の仕事は小さい子供に関われますし、保育士を続けたいという人は仕事にやりがいを感じている方が多いです。

なので、保育士を辞めないで、今よりも働く条件などが良い職場に転職したいと考えている方も多くいます。

保育士の仕事は、子供達の成長を身近で見守ることができる素敵な職業です。

今の保育園にどうしても不満があるのなら、他の保育園に転職するのも良いのではないでしょうか。

成功率の高い保育士転職活動の方法

保育士、転職先の仕事内容
転職の方法は、数年前まではハローワークや求人広告、求人雑誌などが主に利用されていましたが、今では保育士に特化した求人サイトや転職サイトが数多くあります。

保育士専門の転職サイトでは、保育士の転職事情に詳しいコーディネーターがいるので、いろいろな職種を担当しているハローワークで転職先を探すよりも、不安や悩みなどを相談しながら安心して転職先を見つけることができます。

転職を希望する保育士さん一人一人にコーディネーターが付き担当してくれるので、保育士が転職するときのコツや面接対策、書類作成など細かくアドバイスしてもらうことができます。

保育士の転職を成功させるコツは、一人で転職活動をしないことです。

転職のプロであるコーディネーターにサポートしてもらいながら、あなたに合った転職先を見つけていきたいですね。

保育士転職活動 ベストな時期とは

どの職種にしても、転職をする「タイミング」はとても大切だと思います。

突発的に今の職場を辞めて具体的に考えないで転職してしまうと、後々転職は失敗だったと後悔してしまうこともあるでしょう。

転職のタイミングを見る時に大切なのは、今の保育園でどれくらいの年数勤務してきたかということになります。

転職を考えるには、働き始めてから最低でも2年は経っているのが理想です。

2年間保育士の仕事をしていると、ある程度のスキルが身についていると印象づけることができるからです。

保育士1年目での転職も可能ですが、求人を選ばなければなりません。
即戦力として通用するかどうか、そこまで経験を積めていない保育士さんも多いのではないでしょうか。

出来ればまた経験を積み直したい、という保育士さんもいるかもしれませんね。

また、1年程度で転職活動をしてしまうと、スキルや経験が浅く、採用してもすぐに辞めてしまうのでは・・・と判断され採用されにくくなる可能性が強いです。

ですから転職をするのなら、就職してから2年以上経過してからの方が有利に進めることができるでしょう。

保育士の求人情報が多くなるのは、1月から3月頃になります。

今よりも高い給料、手当の充実した保育園への転職など、好条件で転職を希望したい場合には保育士求人が増える時期がオススメです。

年明けの1月から保育士求人が増える理由としては、保育園は4月から新年度になる年度制になりますので、その時期までに新しい保育士を迎えたいと保育園側が考えるからと予測されます。

その時期に合わせて転職するなら、他の頃よりもたくさんの求人を見ることができ、選択の幅が広がりやすいですね。

保育士の転職、年度途中でも出来る限り円満退職を

転職をするときには、お世話になった今の保育園のことも考えたいです。

今の職場に何らかの不満があって転職をするわけですが、社会人としてキチンとしたい、ということですね。
転職したい!と思ったら、特に転職理由が職場への不満などであった場合には、すぐに辞めたいと思ってしまうかもしれません。

しかし、忙しい時期や行事の前などは、なるべく避けたい時期と言えるでしょう。
もし退職の意思を伝えたとしても、引き留められる可能性も高いですよね。

もしクラスを担当していたり、任されている仕事があるのなら、終わらせてから転職を考えるのがマナーです。

クラスの担任受け持っているのなら、年度終わりに合わせて退職するのがベストですね。

体を壊してしまったり、精神的ダメージを受けたなどよほどのことがないと「年度途中」の退職はタブーです。

退職時期が年度途中の場合、新しく面接を受ける保育園にも、年度途中で辞めるのは無責任だという印象を与えてしまいます。

面接でも必ず質問されるでしょうから、答えを用意しておく事も大切となります。

保育園側が、新しい保育士を採用したり、引き継ぎをしたりするためにも、最低でも1ヶ月前、できるなら半年前くらいには転職を考えていることを保育園に伝えておくことが必要と言えるのではないでしょうか。

秋から冬頃に転職を伝え、円満退職ができる準備を進めて行きたいですね。

この時期に保育園側に退職をすると伝えておくことで、働きながら転職活動をすることもできます。

保育士として転職に成功するには

働きながら転職活動をするのは忙しくて難しい!という場合も、保育士専門の転職サイトを利用することをオススメします。

転職コーディネーターにあなたの転職への条件を伝えておくことで、希望に合った求人を探してもらうことができますよ。

転職を考えると、不安や悩みは必ず出てくると思います。

不安や悩みは人それぞれ違ってくるでしょう。

しかし、転職の準備をしておくこと、サポートを受けながら転職活動をしていくことが、成功のコツとなってきます。

求人情報が増える時期をしっかりと把握して、転職活動を有利に進められるようにしていきましょう。




キーワード