悩む保育士
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士辞めたい > 保育士転職 辞めるの、年度途中でも大丈夫?

保育士転職 辞めるの、年度途中でも大丈夫?


保育士辞めたい

保育士を辞めるタイミング

毎日、保育園に出勤するのがツライ!

1日でも早く辞めて、もっと働きやすい保育園に転職したい!

そう思っている方はいますか?

保育士の仕事はとてもハードですよね。

保育士に憧れていた時とイメージが違う、心と身体のバランスが崩れきた、子どもとの関係は良いけど、他のスタッフや保護者との人間関係の悩みがつきない・・・などがあり今の保育園を年度途中で辞めたいと考えている人も多いと思います。

保育園は、学校と同じで年間を通したスケジュールがあります。

4月から新学期が始まり、3月の年度末までが1年のサイクルとなります。

なので、保育士の退職は年度末の3月末がとても多いのも、保育園で働いている人としては当たり前と考えている方がほとんどです。

では、「年度途中」で退職をする沿うことはできるのでしょうか?

年度途中での保育士退職

結論から言うと、年度途中で退職することはできます!

ですが、年度末以外ではなかなか「円満に退職できることはない」と思っていた方が良いでしょう。

先にも言いましたが、保育園は4月の年度初めから3月末までが1年のサイクルとしているからです。

入社したときの雇用契約で「年度末まで辞めないように」と言われた保育士さんも多いと思います。

そのこともあり、保育士が年度途中での退職で円満退職できることはとても少なくなっています。

退職後には、今まで働いていた保育園に良い印象を持っているという人はあまりいなく、嫌な思いをしたままという保育士が多いのが現状です。

途中退社は好ましくはないですが、辞めるのは必ず年度末でなくてはいけないということはありません。

年度途中でも辞めることはもちろんできます。

退職するときには、思っているよりパワーが必要となりますので、円満に辞めることができるように準備をしておくことが大切になります。

保育士が年度途中で辞める理由

保育士が年度途中で辞める理由はどんなことがあるでしょうか。

急病、介護

自分が急に病気を患ってしまい、保育士として勤務をするのが難しいと思った時。
また、家族が病気になり看病が必要となったとき。
親、義父母の介護が必要となった時。

結婚

婚約者や結婚する相手の転勤が決まったり、仕事を辞めた方が良いと思った時

妊娠、出産

妊娠したことが判明して、仕事を続けられなくなったと思った時。
出産後、育児と仕事の両立が難しいと思った時。

転居

家族の転勤などで、職場から遠い場所に引っ越す時。

ストレス

保育士として働いている時に過度のストレス耐えられなくなり、心身共にバランスが悪くなってしまい、年度途中で退職を考えることもあります。

保育士のストレスで1番多い理由が、人間関係です。
保育士は女性が多い職場になりますよね。

どうしても、仲間を作りたがったり、派閥ができたり、イジメがあったり・・・。

嫌がらせがあったり、子供同士のケンカかと思うようなことがあるのが女性特有の職場になります。

また、業務が多い保育園になると、過労が原因で体調を崩してしまい心身にストレスがかかってしまうこともあります。

このような時は、ストレスから解放されることが必要になりますよね。
場合によっては、周りのことよりも自分の身体の健康を優先させることを考えても良いと思います。

では、年度途中で退職をするとどのような影響があるでしょうか。

保育士が年度途中で退職する影響

子供たちや保護者への影響

担任を持っている保育士なら、クラスの子供と保護者へ1番影響が大きくかかります。
担任の先生が途中で変わってしまうのは、保育園の信用問題にもなりかねません。

1年を待たずに先生が途中でいなくなってしまうと、保育士だけではなく、保育園も信用を無くしてしまう恐れがあります。

また、クラスの担任が複数であっても辞めた人の仕事を負担をするのはとても大変なことです。
担任を持っていなくても、他の保育士やスタッフに迷惑がかかるのは避けられないと思っておきましょう。

保育園への影響

退職する人が出ると、その後に入る保育士を募集しなくてはいけません。

保育士を探すには、たくさんの時間とお金がかかるものです。

これは予定していなかった出費と時間になるので、残されたスタッフには多大な迷惑が掛かってしまいます。

辞めた人と同じくらいの経験や知識があるか、それ以上の人がタイミングよく見つかれば良いのですが、都合よく現れるなんてことは無いに等しいでしょう。

今いるスタッフで保育を行うこともできますが、1人少なくなっただけで人員不足になる保育園は多いです。

年度の途中で仕事を辞めてしまうのは、責任放棄をしているということを忘れずにいましょう。

1人辞めることで、年間スケジュールを最初から組み直すことが必要になったり、行事の担当を誰かが負担することになります。

保育士が年度途中で退職するメリット・デメリット

年度途中で退職するメリットとデメリットはどんなことがあるでしょうか。

メリット

保育士が年度途中で退職するメリットはありません。

一つあげるとすると、自由な時間を持つことができたり、今の職場から解放されるということになります。

人間関係に悩んでいた保育士が退職を決めるのは、人間関係のストレスから解放されるというメリットのためです。

嫌な上司や先輩、同僚と顔を合わせなくて良くなります。
毎日耐えてきたツライ日々から解放されます。

デメリット

保育士が年度途中で退職するとデメリットが多くなります

・職歴

転職するときに、なぜ年度途中で退職したのかという質問を必ずされるでしょう。
保育園としては、長く務められる人材を必要とし重視しているので、マイナスに受け止められる可能性があります。

・退職金

退職金を勤務年数で計算するときに、年度ごとに計算する保育園が多いです。
年度途中で退職してしまうと、もらえる金額が少なくなってしまうかもしれません。

・保育士求人が少ない

保育士の求人には、多い月と少ない月があります。
保育士として新たな職場で働きたいと思った時に、自分が希望するような保育園が見つからないということもあります。
保育園の需要が少ない地域では、転職に時間がかかることも。

・途中退職を後悔する人も

途中退職したまではいいけど、いざ転職活動を初めてみると不採用が続き・・・ということも。
転職活動に浸かれてしまい、辞めたことを後悔する人もいます。
思ったような転職活動をすることができなくて、新たなストレスが生まれてしまうことも。

どんな理由でも、保育士が年度途中で退職することで周りに迷惑がかかることは避けることができません。

一緒に働いていた保育士や他のスタッフは、あなたが辞めることで自分の業務が増えるとなると、辞める保育士を温かく送り出すということはできないこともあります。

自分が逆の立場になってみると、同僚の気持ちがわかることもあるのではないでしょうか。

保育士の仕事はただでさえハードで多いのに、年度途中で辞める保育士がいることで今までよりも一層大変になれば、愚痴の一つも言いたくなるでしょう。

何があったとしても、これから迷惑をかけることのお詫びや、今まで指導してもらったことへの感謝の気持ちを必ず伝えるようにしましょうね。




キーワード