未経験の仕事へ異業種転職

保育士 異業種への転職


保育士 異業種転職

保育士の転職

保育士が転職を考えた時、まずは保育士として働きたいから職場を変えるだけにするのか、それとも保育士をまるっきり辞めて異業種へ転職するのか、という選択をすることができます。

今まで保育士として働いてきた毎日を考えると、やっぱり保育士を続けたいから他の保育園を探そうかと思ったり、もう保育士の仕事は辞めて違う職種にチャレンジするのも良い経験になるかもしれないという考えを持つかもしれません。

保育士の仕事内容は、とてもハードです。

保育士の仕事から異業種へ転職したい!
保育の仕事から離れたい!

など、仕事が過酷なので別な仕事をしたいと考える人も多いそうです。

職場の人間関係に疲れたり、毎日が忙しくて子どもがかわいく思えなくなってり、保護者とトラブルがあったり・・・。

保育士は、子どもが憧れる職業の1つでよね。

また、共働きの家庭には欠かすことができない方達で、子供の成長にとっても重要で大切な仕事になります。

しかし、女性が多い職業となるので人間関係がこじれることもあり、保護者とトラブルになることも。

体力が必要な仕事になるので、腰痛などを起こしやすいですよね。

保育士の仕事は思っているよりもとても大変な仕事です。

あまりのハードさに、他の仕事をしたいと考える人も。

保育士の仕事は特殊になりますので、異業種への転職は難しいと考えてしまうかもしれません。

しかし、異業種転職する保育士さんも多いです。

正社員として全く違う仕事に就く方もいますし、派遣会社に登録をして事務や販売などのお仕事に就く方もいます。

色々な仕事への可能性がありますよ。

保育士 異業種転職のメリット

保育士が異業種へ転職することのメリットをご紹介します。

給料アップが期待できる

保育士の給料は低いと言われていますよね。
平均で約21万円と他の業種と比べて低い現状となっています。

異業種へ転職することで、給料アップが期待できます。

とは言っても、中途入社ということで不利になることがありますので注意が必要です。

有給や休日が多い

ほとんどの保育士は週6日勤務で日曜と祝日がお休みのことが多いと思います。
また、有給を取ることがあまりできないことがほとんどではありませんか?

一般企業では、保育士としての勤務時代と比べて、年間休日数が多くなることが期待できます。

土日祝日休みのことが多いですし、労働時間の短縮などを目指している会社も多く存在します。
また、保育園よりも有給休暇や育児休暇などの休暇制度などが充実し整っていることも。

休暇や休日をしっかりと取りたい人にはメリットが大きいですね。

人間関係が楽になる

保育士はほとんどが女性なので、職場のスタッフは全員女性ということは珍しくありません。

女性が多い職場では人間関係でストレスを抱えたり、悩んでしまうというのは想像できると思います。
現実的に、保育士の転職理由で1番多いのが人間関係になります。

異業種へ転職するときには、男女比を考えて転職することができます。

オススメなのは、男性と女性の割合が同じくらいの場所です。
そのような職場では、あまり人間関係で悩むことはないでしょう。

保育士転職の注意点

たくさんある職業の中で保育士の仕事は、特殊な仕事になります。

他の職業と違っているからこそ、異業種へ転職する時に気をつけたいことがあります。

異業種へ転職するときは、保育士の仕事へ少なからず不満や愚痴があると思います。

ですが、働きたいと考えている職場の面接で前職の悪口や不満は言わない方が良いです。

前職への不満は新しい場所へぶつけても、採用担当の方は何も関係はありませんし、メリットは何もありません。

逆に悪いイメージだけ残ってしうこともあります。

詳しく聞かれない限り、前職や過去のことは自ら話す必要は全くありません。

面接では退職理由を必ず聞かれると思っていて損はありません。

聞かれた時は、ポジティブな返答をできるようにしたいですね。

前の職場では仕事量のわりには給料が低かったとか、お休みを取ることができなかったなどネガティブなことばかり言うのはナンセンスです。

本当の理由はそうだったとしても、理由を聞かれたときは「前から受付の仕事をしてみたいと思った」などポジティブで将来につながりそうなことを伝える方が印象が良くなります。

正直に答えることも必要ですが、保育士を辞めた理由ではなく異業種で働きたい理由を伝えるようにするとよいでしょう。

保育士 異業種転職で人気の職種

保育士が異業種へ転職するときに人気のあるのはどのような職業になるでしょうか。

保育士の仕事は、子供のお世話や何かを教えるだけではなく、掃除、保護者への対応、お便りなど書類の作成、行事の制作・・・などまだまだたくさんの仕事があります。

保育士の転職先は、子供に関わる場所だけではなく、さまざまな転職先がありますよ。

学童保育・アミューズメント施設・ベビーシッター・塾講師・習い事の講師・介護職・医療・一般事務・ショップ店員など他にもたくさんあります。

異業種へ転職することは、人と人とのつながりが増えるので、視野を広げる機会でもあると言えます。

転職は大変さもあります。
異業種へ転職する思いと準備、そしてやりきるという気持ちがないと挫折してしまうかもしれません。

もし今の職場に悩みがあるのなら、保育士の資格を活かすことのできる職場への転職を考えても良いかもしれません。

働く場所がかわると雰囲気も変わってくるので、今までの経験を活かしなから気持ち新にスタートすることができますよ。

例えば、同じフルタイムでも土日休みの企業内保育所という選択もありますし、派遣保育士ですと人間関係に悩むことなく仕事に没頭することができます。

新しく開園する保育園ですとスタッフもみんな初めてからのスタートとなるので、みんなで力を合わせてゼロから保育園を作っていくこともできます。

経験年数などがあれば主任や管理職を目指すことも可能ですよね。

保育士としてあなたが活躍できる場所は必ずあるはずです。

新しい職場を見つけるために、転職のプロの力を借りてサポートを受けてみるのも良いでしょう。

転職エージェントの登録と利用は無料です!

保育士一人一人に合う最適な転職先を紹介してくれて、転職後のサポートをしてもらうことができるので、安心して仕事探しや働くことができます。




キーワード