保育士転職ノウハウ
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士転職 > 保育士 転職のタイミングについて

保育士 転職のタイミングについて


保育士 転職のタイミングについて

保育士転職にベストな時期

保育士が転職したい時期って、人それぞれですよね。

年度末の3月で辞めたい
数年経ったら違う園で働きたい
結婚したら残業をなくしたい

などがあると思います。

保育園では、新年度が4月から始まり翌年の3月の年度末までを1年間としています。

そのため、保育士が転職、入職をするのに最適な時期は新年度がスタートする4月となります。

在職者、新卒者、転職者、働き始める環境は違ってもスタートは同じになるので、スムーズに仕事に取組みやすいのではないでしょうか。

保育士求人が増える時期

保育士の求人が増えるのは、10~11月の秋頃、2月~3月の年度末頃になります。

保育園では、1年間保育士が担任を持ちクラスを運営していくのがほとんどですよね。

年度の途中でできるだけ担任の交代がないのが、子ども達のためにも理想になります。

なので保育士が退職するのは、3月の年度末ということが多いです。

そのため、4月から新しい保育士を採用するとなると前年の秋頃から求人を出す保育園が多くなります。

一般企業では、退職予定の1~3ヶ月前に退職したいということを上司に伝えると思いますが、保育園では年度末で退職するのなら、秋から冬頃に上司に伝えるようです。

退職する保育士の人数を把握してから、新年度に向けて求人情報を出す保育園が多くなります。

秋頃の求人には、転職を考えている保育士の他にも、新卒の保育士もいます。

今までの知識や経験などを、新卒保育士のパワーに負けないくらいアピールして採用試験を受けましょう!

秋の求人で保育士の採用がなかったり、採用者の辞退や子どもの人数が増えることによって、保育士の人数が必要になったとき、2~3月頃にも求人が増えてきます。

この時期の求人は、新年度からすぐに働くことができる人を募集しているので、働きながら転職活動をしている人は、新年度から新しい職場で働くことができるように段どりをしておくことが必要です。

秋頃と年度末頃に保育士の求人が増えるということを覚えていると、求人を探す時に有利に進めることができますね。

年度途中の保育士求人

保育士の求人で、年度途中で求人情報が出ることもあります。

年度途中で求人情報があるということは、年度の途中で退職した保育士がいたのですぐにでも新しい保育士に来てもらいたいということを示しています。

保育園では新しい保育士になるべく早く来てもらいたいので、たくさんの求人情報が出ているときと比べて、有利に採用への交渉をすることができたり、良い待遇で働くことができることがあります。

経験は問わなかったり、年齢制限がないこともあります。

いつもの求人では、採用は新卒のみという保育園でも、年度途中の求人の場合は新卒ではなく経験者の募集も行っていたりするので、働いてみたい保育園だった場合は注目して求人を見ていたいですね。

保育園では新しい保育士を早く採用したいため、採用試験の後ですぐにでも働くことができるのなら、採用されやすいかもしれません。

年度の途中で採用したい人に求めていることは、保育士の資格を持っていて、経験年数がある即戦力となる人です。

これまで保育士として経験してきたことをすぐに発揮することができるのも、年度途中の求人の魅力の一つです。

どの保育園でいつ採用情報が出るのかわからないので、自分が再就職先を探している時期と同じ時に求人情報が出ているのならラッキーです。

年度途中の保育士の求人は応募のタイミングを掴むのが難しいです。

運良く求人情報を見ることができたのなら、縁があると思ってすぐにでも応募するとよいでしょう。

保育士 退職に最適なタイミングはいつ?

保育士が転職活動を始めるのは、比較的行事が少ない6~8月頃、秋の行事が一段落する10~11月頃になります。

仕事量が多い保育士ですから、引継ぎの業務も少しずつ伝えていかないといけないこともあります。

行事が少なく落ち着いて保育をしやすい夏頃は、勤務中の時間が余裕を持つことができるので、引継ぎに必要なことをまとめておいたり、やっておいた方が良いことなどを進めておき、それと一緒に転職活動をスタートすると良いでしょう。

また、秋の行事が一通り終わった秋頃も時間に余裕を持って転職活動をすることができます。

その頃から引き継ぐことなどを、他の保育士などに伝えながら転職活動をしていくようにしましょう。

保育園はほぼ毎月行事があるので、準備でバタバタしたり業務に追われたりしますので、集中して転職活動に取り組むことがなかなか難しいです。

行事などが比較的落ち着つき、負担が少ないときに、自分のペースで転職活動をしていきましょう。

保育士転職、成功させるために考えておきたい事

転職を成功させるために、まず何を考えておくとよいでしょうか。

今の悩みは本当に解決できないことなのかどうか

転職したいと思うのは、今の保育園に満足していないということになりますよね。

どのようなことが不満になっているのか?ということをしっかりと見直すことが大切です。

なんとなく辞めたい・・・、仲が良い人が辞めるから・・・といった理由で転職しても、再就職した場所でもうまくいかないのは明らかです。

人間関係なのか、待遇面なのか、職場の雰囲気なのか、その不満や悩みを今の職場で解決できるかできないかを改めて考えてみることも必要です。

転職で起こり得るリスク

現在の職場より条件が悪くなってしまうと、本末転倒です。

できることなら、今よりもより良い条件で転職をしたいですよね。

また、すぐに転職先が見つ駆らなかった場合、無職ですので無収入の時期が出来てしまいます。

その間の生活はどのようにするのか?など、しっかり決めておくことも必要ですね。

周りに迷惑がかかってしまう

転職することで、ダメージを受ける人、迷惑がかかってしまう人などが、他の保育士やスタッフ、園児、保護者になります。

できるだけ迷惑をかけないように退職するのが理想ですので、辞め方や時期など、最善の方法を考えるのも大切です。




キーワード