保育士退職のタイミング
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士辞めたい > 保育士 退職のタイミングは新年度がベスト?

保育士 退職のタイミングは新年度がベスト?


保育士 退職のタイミング

保育士が退職するベストなタイミング

保育士を辞めるタイミング、悩みますし難しいですよね。

やはり保育士という職業上、責任を考えると「出来るだけ、子供達に迷惑のかからない時期」を退職時期として選びたいという保育士さんが多いのではないでしょうか。

保育園側としても、保育士不足の今、退職は痛手ではありますが・・・もし退職するのであれば、少しでも園の運営に支障が出ない時期に辞めて欲しいと考えています。

退職を希望する場合、保育士の退職タイミングとしてはいつがベストでしょうか。

時期が悪いと、辞めたいのに引き留めが強烈で辞められない・・・といった事も考えられます。

やはり、保育士の退職を考えるとベストなのは年度末、といえそうです。

なぜ、保育士の退職は年度末の退職がベストなのか、他の時期の退職はどうなのか、と言った事をみていきたいと思います。

また、もっと働きやすい園へ転職したい場合、もっと高収入の保育園で働きたい場合、次に働く園・保育士求人を探す必要があります。

収入面を考えると、在職しながらの転職活動がオススメですが、今は保育士不足の状況もあり転職先は比較的見つけやすい状況と言えます。

一旦退職して、少し気持ちをリフレッシュしてから転職活動を始めても良いかもしれません。

保育士さんの転職活動には、

⇒ 保育士バンク

のような全国対応で保育士求人がトップクラスに多いところをオススメしています。

保育士の退職は、3月の年度末がベストな理由

保育として働く今の園を辞める、といった場合。

退職をするにあたっては時期・タイミングを見極めないと、他の保育士や子供達にも迷惑をかけてしまいます。

退職時はトラブルも起きやすいため、タイミングはとても重要といえますね。

一年を通して最も退職しやすいのは、諸々考えてもやはり年度末です。
(年明け、少なくとも2,3ヶ月前から退職の意思表示をしておくと、スムーズに辞めやすい場合が多いです)

3月に子供達を送り出してから辞める事は、やはり区切りも良いですしね。

年度の途中で辞めることも可能ではありますが、やはり子供達にも影響は出ますし、親御さんからも不信感を持たれてしまうものです。

3月末に職員が辞める事は、これまでにもあったという保育園が多いでしょうし、退職者が出やすい時期と言う事は、ある程度は予想をしている事も多いです。

転職先を探している保育士も多い時期ですから、補充に関しても他の時期よりはしやすいと言う事もあるでしょう。

早めに退職の意思表示をして、退職願を受理してもらう事で転職活動もしやすくなります。

円満退職を希望される場合には、子供達を送り出してから辞める事が出来る3月、年度末をタイミングとされる事をオススメします。

保育士の退職は、時期によっては難しい?

保育士退職がしにくい時期
基本的には、人手不足の現状ではいつ退職を切り出し手も引き留められるのでは、と思います。

それに輪をかけて退職が難しい時期としては、行事に向けての時期と言えます。
職員全体で準備を頑張って、気が張っている時期に退職者が出る事が分かると、雰囲気が悪くなります・・・。

「なんでこの時期に辞めるの!?」

と問い詰めてくる同僚もいるかもしれません。。

それに、そんな雰囲気の中で退職日まで過ごすのも、とても精神的に辛いものです。

また、ボーナス支給後にすぐ辞めるのも、あからさまであまりオススメできない時期と言えます。
(退職する人はしますが・・・)

年度末の退職以外に、辞めやすい時期

ただ、もう限界、すぐにでも辞めたいくらい・・・

といった場合には、年度末まで待たずに退職のタイミングを探す事になります。

少しでも退職しやすい時期としては、

「行事が終わり、落ち着いた時期」

を目安に、余裕を持って退職の意思表示をする事が良いかと思います。

ただし、同じ時期に他の保育士が辞めたい、と実は先に意思表示をしていた場合には人手不足がさらに深刻となってしまいます。

その場合には、必死の引き留めに合い辞められなくなる可能性もあります。

退職には自分だけではなく、保育園の運営状況もありますので、やはり余裕を持って退職意思を伝える事が大切という事が言えそうです。

退職の意思表示は、余裕をもって伝える事が大切です

保育士の退職タイミングとして、新年度が一年を通して良い時期といえます。

しかし、と退職願を出すタイミング(退職の意思を伝えるタイミング)は出来る限り余裕を持っておきたいですね。

辞めたい、という気持ちが急に1日で膨らむ保育士さんは少ないと思います。
今まで通して働いてきた中で、人間関係や仕事上のこと、保護者とのやり取りなどがあって、「辞めたい」気持ちが蓄積されてきたのではないでしょうか。

迷って迷って・・・もう一年頑張ってみようかと思いつつ、やっぱり無理!

と、いきなり新年度の2週間前、10日前など急に辞めたい!というのは、新年度のスタートに向けて皆で準備をしている中では、とても迷惑な行動といえます。

クラス割も既に決まっている保育園も多いのではないでしょうか。

やはり保育士の補充の事や引き継ぎの事を考えると2ヶ月程度、1ヶ月以上は退職日よりも前に退職の意思を伝えるようにしたいものです。

民法上は2週間前に意思を伝えることで、退職の自由が認められてはいます。

しかし社会人の責任としては出来る限り、職場に迷惑をかけない形で、円満退職を目指すべきという考えでしょう。

とはいえ、体調的・精神的に限界が近い・・・というのであれば、退職を優先された方が良いと思います。

この辺りは一人ひとり状況も異なるでしょうし、出来れば冷静に判断をしてくれるような相談相手がいると良いですね。

もし相談出来る同僚、話の分かる先輩がいるようでしたら、相談をされてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、保育士紹介会社の活用により担当コンサルタントに退職の手続きの進め方を相談する事も可能です。

入職先の時期調整も行ってもらえますから、もし転職先をお探しになる必要がある場合には活用をオススメいたします。

⇒ もっと働きやすい園を探したい、時のオススメ保育士転職サイト




キーワード