学童保育で働く

学童保育 保育士求人


学童保育 保育士求人

学童保育で保育士として働く

保育士が活躍出来る職場として、学童もありますね。
正式名称は「放課後児童健全育成事業」。

放課後の小学生を預かりる学童保育、そこでも保育士が活躍出来る場があります。
主に小学校1年生から4年生までを預かりますが、学童によっては6年生まで預かるところもあります。

学童保育、児童クラブ、学童保育所、こどもクラブなど、地域により名称が異なる事も多いですが、基本的な施設の機能は同じとなります。

学童保育からも保育士求人が出ています。

具体的に学童保育の求人をお探しになる場合には、保育士求人サイトを利用して探す事が出来ます。

学童保育士求人が多く見つかる、オススメ保育士求人サイト

学童施設も含め、保育士求人数が多く情報収集にオススメの保育士専門、求人サイトをご紹介しています。

保育士バンク

保育士バンクは正社員、契約社員、パート・アルバイトの保育士求人を探す事が出来ます。

学童保育の保育士求人も多数見つかります。

「保育士バンク」は業界最大級の求人数を持つ保育士求人サイトですね。

業界最大級の求人数を誇り、利用されている保育士さんもとても多いです。
保育士転職に関して非公開求人も多く、オススメの保育士求人サイトです。

情報量が多いので、他の職場との働き方、給与など待遇も比較して探しやすいのもメリットです。

全国対応です。

コンサルタントの質に関しての評判も良いものを見る事が多いといえます。

⇒ 保育士バンク

保育ひろば

「保育ひろば」では正社員、パート、派遣と保育士求人を探す事が出来ます。

学童の保育士求人も多数掲載されています。

保育士求人数が豊富で全国対応です。
お住まいの地域の保育施設、学童も含めて情報収集をしやすいので便利でしょう。

国内に多数の拠点を持つネオキャリアが運営しています。
拠点数が多いので、きめ細かい情報が特徴です。

「保育ひろば」は保育士に特化した求人サイトとなります。

様々な雇用形態の保育士求人を扱っている事が特徴です。
転職、派遣、パート・アルバイト探しが出来ますから、働き方に迷っている保育士さんは相談をされてみてはいかがでしょうか。

高時給の派遣なら残業無しで高給与、といったことも可能です。
全国対応で利用しやすいですね。

施設ごとに保育士求人を調べる事が出来ますが、学童保育の求人数も豊富です。

基本的に来社の必要が無く、電話でヒアリング、求人紹介が可能ですからスピード感のある転職活動ができます。
(もちろん、必要に応じて面談・キャリアカウンセリングなども対応して頂けます)

⇒ 保育ひろば

マイナビ保育士

マイナビ保育士

また、関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)でお探しになる場合には、マイナビ保育士も求人数が非常に多くオススメです。

マイナビ保育士は適職発見フェア(転職フェア)も開催していますので、そうした機会を利用してみても良いかもしれませんね。

マイナビは有資格者を対象として転職支援を行っていますが、いずれもコンサルタントの質が高いと口コミ・評判が高い大手転職サービスです。

マイナビに関しても評価が高い口コミは多く見つける事が出来ます。
関東で学童を含め、保育士求人をお探しになる場合には、オススメの保育士求人サイトです。

⇒ マイナビ保育士

ジョブメドレー 保育士転職・求人情報

ジョブメドレーにも多数の学童施設からの求人が掲載されています。

ジョブメドレーの特徴は、掲載している保育士求人が全て、契約事業所から寄せられた正規の求人情報。

また応募した際には直接事業所の担当者に応募内容が届きますから、いち早く選考に進む事が可能です。

自分で保育士求人を探して応募するタイプの求人サイトとなります。

ジョブメドレーでは、正社員求人、契約職員、パート・バイトの保育士求人を探す事が出来ます。

全国の保育施設の求人を掲載しています。

⇒ ジョブメドレー

需要が増す学童保育

共働き、働く親の増加により学童保育を利用する小学生は増加傾向にあります。

学童保育は保育園とはまた違ったやり甲斐のある仕事です。

小学生ですから、もう服の着替え、トイレなどのお手伝いは必要ありません。

生活習慣のお世話よりも人間関係を指導していくこと、遊びの際の安全性の確保、勉強のお手伝いといったことが中心となります。

人間関係も複雑になりますし、一緒に遊ぶ際にも体力がとても必要です。
それを考えると、男性保育士も活躍出来る職場といえますね。

男の子はやはり男性指導員に話しやすい事も多いでしょうから。

運営面にも密接に関わる仕事となります。
学童でのイベントを企画・立案も行い、準備、実施をします。

土日、長期休暇もお子さんを預かりますので、季節によってイベントが多い学童保育も。

ただ、保育園で働いていた時のような準備のための持ち帰りなどは少ないでしょう。

増える学童保育の求人

保育士の職場、というと保育園がメインの職場ですね。

しかしそれ以外にも、保育士資格、経験を活かして活躍出来る職場は増えています。

子供達と関わる仕事はしたいけれど、働き方の面で保育園からはちょっと離れたいな・・・

復職したいけれど、生活リズムをキープしやすい、両立しやすい仕事がしたい

といった時にも学童保育はオススメです。

学童保育の仕事は早く10時、出勤が昼からといった事も少なくありません。
小学生が学校終わりから通所してきますからね。

保育園で働く場合、朝から夜まで長時間労働となる保育士さんも多いと思います。

しかし学童保育であれば、時間に余裕を持ちやすく両立しやすい働き方が可能です。

この生活リズムを作りやすい働き方が、一番の魅力という方もいるくらいです。

学童保育施設で働く場合、保育士求人サイトを利用しても情報収集ができます。

保育士・幼稚園教諭など資格保持者、放課後児童支援員認定資格をお持ちの方は歓迎される求人が多いです。

学童保育士・指導員も保育士専門サイトで扱っていますので、ぜひ活用してみてください。

⇒ 学童保育士求人が多く見つかる、オススメ保育士求人サイト

学童保育の仕事内容

学童保育は、共働きの家庭、母子家庭・父子家庭の小学生の子供たちを対象とした、放課後の生活を守る施設。

主に1年生から4年制、学童保育によっては6年生までを預かり、生活を見守る事になります。

学童保育の指導員が子供達の健全な発達のために、地域で果たす役割は大きいと言えますね。

平日だけではなく、土日、長期休暇中(夏休み、冬休み)も子供達を預かり、屋外でイベントなどを行う学童保育も多いです。

勉強を手伝ったり、遊びを見守ったり参加したり。
イベントも企画・立案、実施します。

思った以上に日々やり甲斐があり、忙しい仕事と言えます。

小学生ともなればコミュニケーションも多様になりますね。

ケンカなどもあると思います。
その中で成長がみられる子供達も多く、それも大変さはありますが成長の実感がある瞬間も多いのではないでしょうか。

主な利用者は小学校1年生。

4年生以上になると学童保育を利用する子供たちが減っては来ますが、必要な子供達もいます。

小学生の放課後の大切な生活の場として、思春期の子供達の人間形成に重要な役割を果たす事もあるでしょう。

学童保育士 正社員の給料・年収

学童保育士として働く場合、気になるのは給料、ですよね。

正社員の給料・年収としては月収20万円前後での募集が多く見られます。
その中でも高給与の場合だと月収22万円~といった場合もあります。

地域により給与差があるのは、保育園の求人と同様です。

補助業務、パート・アルバイトで働く場合、時給900円前後での募集が多く見られます。

学童保育で働くには

学童保育施設で働く場合、保育士資格があれば歓迎されます。
保育士経験が2年、3年以上ある方は優遇、なども多いです。

補助や単発でのお仕事であれば、無資格の方もOKな場合も多いですね。
学童保育に関しても人手不足が言われている状況です。

実際に学童保育で働いてみて、「放課後児童支援員」の取得を目指す道もありますね。

学童保育、指導員として働くためには求人募集を見つける必要があります。

求人を探す方法としては自治体の職員採用で学童保育の求人を確認する、ハローワークを利用する、保育士求人サイトで探す、といった方法があります。

⇒ 学童保育士求人が多く見つかる、オススメ保育士求人サイト

ぜひ、情報収集に活用してみてくださいね。




キーワード