好条件の保育士求人
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士転職 > 家賃補助(住宅手当)あり保育士求人がオススメ

家賃補助(住宅手当)あり保育士求人がオススメ


家賃補助(住宅手当)あり保育士求人

保育士転職で狙うなら、家賃補助(住宅手当)ありの保育士求人

高給与の保育士転職に成功
保育士としてもっと良い職場へ転職を、とお考えになっている方も多いと思いますが、そこまで基本給や給与が高い保育士求人というのも少ないと思います。

保育士は仕事が大変な割には給料が低い、ということでその大変さ(に見合わない給料)から保育士を辞めてしまう人も多かったですよね。

また、保育士資格を持ちながら保育士として復職しない方も、その理由を「給料が低いから」とする方も多かったです。

しかし、保育士の確保が喫緊の問題として、国を挙げてバックアップが進められていますので待遇改善、少しずつであっても給料が上がっていくのは間違いないと考えられます。

とはいえ、今すぐ給料がグッと大幅に上がるのは難しいでしょうから、手当に注目して転職や復職される事をオススメします。

年収が低い、もう少し高額給与を得られる保育園などに転職したい、といった希望をお持ちの保育士さんにオススメなのは家賃補助(住宅手当)が支給される保育園、こども園などの職場です。

特に首都圏や各エリアの都市部(大阪など)では待機児童問題も深刻、保育士不足も深刻な事から住宅手当が付いていることが多いですね。

東京都の保育士 住宅手当が高い!

首都圏の中でも保育士不足が深刻なのが東京都です。

東京都の保育士求人倍率は、繁忙期には約6倍になります。

6倍ですよ!

有効求人倍率6倍は単純に、保育士1日に対して求人件数が6件、ということになります。

6つの保育施設が保育士1人に対して、うちで働いて欲しい!という状態です。
保育士を採用したい立場としては、これは大変です・・・

応募すら無い保育園、託児所など保育施設も多そうです。
(ちなみに首都圏って、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、山梨県のことを指します)

他に保育士不足が深刻と言われる埼玉県でも保育士の有効求人倍率は4.28倍、大阪府でも3.89倍だそうです(2017年10月の保育士 有効求人倍率)。

そうした人手不足もあり、保育士採用のために給与は上がりつつあります。

また、東京都は住宅手当を高めて他の地域から保育士を採用するためにも、住宅手当の予算を取っています。

そのため、東京都は他の地域よりも実質的な手取りが増える手当、住宅手当の額が高いという事になっています。

実際、東京都で家賃補助(住宅手当)あり保育士求人を探してみると、他の地域では見られないような金額の住宅手当が付いている保育園などが見つかります。

家賃や住宅ローンの負担が減ると、それはそのまま家計費の増加になりますよね!

お子さんのいるママさん保育士も、独身の保育士さんも、実質的な手取りが増えるこうした住宅手当あり保育士求人を狙って転職活動をする方法はオススメです。

仕事内容や保育方針なども重要ですけれど、日々の自分達の生活も大切ですよね。

保育士として良い仕事をするには、やはり対価(給料)がしっかりと得られる方がモチベーションも高く維持出来ると言えるのではないでしょうか。

保育士不足の地域の中でも、東京都の家賃補助(住宅手当)の額は非常に高い、といって良いでしょう。

もし引越も含めて保育士転職を考える事が出来るのでしたら、東京都への保育士転職、上京支援を行っている保育士転職サイトも増えていますので検討されても良いかもしれませんね。

家賃補助(住宅手当)あり保育士求人を見つけるには

保育士紹介会社 キャリアコンサルタント
全国の家賃補助(住宅手当)あり保育士求人を見つける方法としては、次のような保育士転職サイトを活用される方法がオススメです。

利用者数、保育士求人数の多さ、サポートの手厚さなどからオススメをしますと、

⇒ 保育士バンク

をまずご紹介したいと思います。

保育士バンクでは、住宅手当額が高いという東京都の保育士求人も非常に多く所有しています。

支社も多数、もちろん全国対応です。
北海道から沖縄まで、保育士求人を探すことが可能です。
全国各地にお住まいの保育士さんもしっかりサポートしてもらう事が出来ますので、ぜひ活用されてみてはと思います。

こうした保育士紹介会社を利用されることで、応募前にしっかりと職場の情報を提供してもらう事が出来ますね。

気になる職場の雰囲気、保育方針、人間関係、どういったキャリア・経験を積めるかなど、本来は入職してから分かるような情報を得て、応募を検討する事が出来ます。

正社員転職だと、後から「失敗した!」と思ってもすぐに辞めにくいですからね。
年度途中だとなおさら辞めにくいです・・・。早期退職はもっとです。

保育士バンクでは求人先となる各保育施設の良いところ、悪いことや懸念点、リスクなどもしっかり伝える事を重視しているため、より自分に合った職場かどうかを判断しやすいのでは、と思います。

保育士バンクの他、全国の保育士求人を得やすいオススメの保育士転職サイトとして、

⇒ 保育ひろば

⇒ 保育情報どっとこむ

などもオススメです。

また自分で探して応募するタイプの保育士求人サイトとなりますが、

⇒ 保育士求人【ジョブメドレー】

も情報量が多く、オススメです。

保育士転職サイトを利用して、詳しい給与体系の確認を!

家賃補助(住宅手当)の支給額も大切ですが、他にも手当ついている保育園などが多いです。

求人先の詳しい情報を得て、比較・見当をする事が保育士転職では重要ですよね。

何か一つの基準で決めると、転職に失敗する可能性が高いです。
(特に給料の高さなどだけで決める場合)

それに住宅手当の支給についても、条件がある場合が多いですからね。
しっかりと条件を確認してから転職しなければ、せっかく高額な住宅手当がある保育園に転職しても支給を受けられない・・・!となってしまう可能性も。

担当コンサルタントが付いてサポートしてくれる保育士転職サイトを活用する事で、詳しい給与体系、手当支給の条件などもしっかり確認してもらう事が出来ます。

お金に関する事はご自身で聞きにくい、という保育士さんも多いと思います。
代わりに聞いてもらえるのは便利ですね。

保育園に直接連絡をした場合、一度来てください、と言われたりすることも多いので面倒ですからね・・・。

保育士転職サイトをうまく活用する事で、様々な情報を楽に得る事が出来ますよ。

住宅手当は課税対象?非課税?

少々細かい話になりますが、自分自身の給料の話として理解しておきたいのが、税金のお話です。

住宅手当など各種手当ては課税対象となります。
通勤手当(一定金額以下)は非課税になります。

・住宅手当などとして支給される手当は課税されます

・企業(保育園)が借り上げた住宅を選び、家賃の一部を支払う場合には非課税

といった違いがあります。

こうした部分も覚えておくと、少しでも手元に入る金額が高い保育士求人、手当の支給額が多い保育士求人を選ぶ事が出来るようになります。

実際に家賃補助(住宅手当)の手当額が高い保育士求人を探すには、

⇒ 家賃補助(住宅手当)あり保育士求人を見つけるには

でご紹介したような保育士転職サイトの活用がオススメです。




キーワード