保育士の転職先

施設保育士とは


施設保育士

施設保育士とは

保育士の働く場所は、保育園ばかりではありません。

乳児院や児童養護施設などで働く保育士もたくさんいます。

そのような児童福祉施設で働く保育士のことを「施設保育士」と言います。

施設保育士とは、保育園以外の児童福祉施設で働く保育士です。

児童福祉施設とは・・・

・児童養護施設
・乳児院
・障害児施設
・助産施設
・母子生活支援施設
・保育所
・児童厚生施設
・児童自立支援施設
・児童家庭支援センター

など、児童福祉にかかわる事業を行う施設になります。

それぞれの施設で利用する子どもの年齢や役割など違いはありますが、基本的には0歳から18歳までが対象となっています。

この中でも保育士が強く求められているのが、「児童養護施設」「乳児院」「障害児施設」になります

専門性の高い施設保育士

児童養護施設と乳児院は、何らかの理由で保護者と生活をすることができない子供が入所し、保育士や児童指導員、他の利用者と生活を送る施設になります。

保育士は、生活を送るサポートをするので子供達とより密接にかかわり、保護者に近い役割も行う重要な存在になります。

障害児施設には、入所施設や通園施設があり、基本的な生活習慣を身につけるサポートをしたりしながら子どもの自立を目標として生活をしていきます。

施設保育士の仕事内容は、保育園の仕事内容と似ている所もありますが、違う部分もあります。

児童福祉施設では、1歳~18歳までの子供が入所し集団で生活する場所になります。

働くスタッフは、保育士・児童指導員・看護師・栄養士などの有資格者で、24時間体制で子供のケアや成長や生活のサポートを行います。

保育士は、幼児の関わりのプロとして就学前の子供へのサポートが仕事になります。

施設保育士として働く事とは

施設保育士として働く魅力

・子供達の成長を身近でサポートすることができる
・生活の場で、子供と密接な関係を築くことができる
・保育だけではなく、保護者の代わりとしての役割も受け持つ
・児童指導員や看護師など、たくさんのスタッフと協力しながら子供の成長を見ることができる
・施設を運営している会社によっては、福利厚生など高待遇を期待することができる
・夜勤がある場合は、基本給の他に夜勤手当や深夜手当などが支給されることもある

施設保育士として働く苦悩

・子どもの人生を左右するので責任がある
・24時間365日体制なので体力的に厳しいことがある
・どのように生活していくかなどの教育などもするので業務範囲が広い
・児童指導員や看護師など、たくさんのスタッフとの連携が不可欠
・夜勤、土日祝日の勤務がある

毎日の関わりの中で、最初は心を開かなかった子どもが、徐々に心を開き、様々な成長を日々見ることができることに大きなやりがいがあると感じる方が多いです。

また、子どもが退所した後にも引き続きサポートすることもあるので、保護者に近い役割を受け持つので使命感などを感じるという保育士もいます。

24時間365日、夜中でも対応をしなくてはいけない場合や、拘束時間が長いことや責任の重さなど、体力的、精神的に疲れが溜まってしまう人も。

身体的にも体力的にも強くなければ続けるのが難しい仕事とも言えます。

保育園勤務の保育士とは違う仕事内容や役割を求められる施設保育士ですが、働くために求められる条件があります。

施設保育士の仕事について

・施設保育士として働くための必要な資格
施設保育士として働くには、保育士の資格が必要となります。

即戦力を求めている施設では、経験を優遇して採用されることもありますが、ほとんどの場合、未経験可・保育士資格見込み者可としている求人も多くありますので、新卒でも十分求人を求めることができます。

・求められる知識
子どもの心のケアを必要とすることが多いため、児童心理学・チャイルドカウンセリングの知識があると良いでしょう。

また保育園とは違い、小学生以上の児童と関わるので、宿題を見たり勉強を手伝ったりするので、小学生程度の勉強がわかる必要がありますね。

また障害児施設では、障害に関すること、障がいを持つ児童への対応や働きかけ方などを知っておくことが大切です。

一人一人の児童の行動や様子を見て、保護者や他のスタッフへ連携を取りながら児童との信頼を築いていきます。

働きながら知識を得ることも可能ですが、障がいについて知っておくことで、不意に起こることなどへ対応することができるので準備が必要です。

障がいの特性を知らないでいると、間違った働きかけをしてしまったり、児童がパニックになってしまったり、身体的に負担をかけてしまう恐れも心配されます。

障がい児施設で働くことを考えているのなら、障がいの特性や種類などをしっかりと把握しておくことが重要です。

施設保育士は、保育園で働く保育士以上に大変さを感じることがあるかもしれません。

ですが、その分子供達の成長を一番近くで見ることができたり、子供から信頼されるというやりがいを受けることができるとても魅力がある仕事でもあります。

保育士としてキャリアアップしたいときに、新たな職場として施設保育士を選択肢に加えてみてはいかがですか?

⇒ 保育士転職サイト ランキング




キーワード