好条件の保育士求人
保育士転職サイト おすすめランキング > 地域別 > 東京都 > 東京都 認定こども園 保育士求人

東京都 認定こども園 保育士求人


東京都 認定こども園求人

認定こども園 保育士として働く

2015年4月から始まった「子育て支援新制度」で重視されているのが、幼稚園と保育所の機能を併せ持った「認定こども園」です。

お住まいの地域でも、気づけば認定こども園が増えてきたな・・・という保育士さんも多いのではないでしょうか。

私の子供が通っている幼稚園でも、今年度から保育所機能を持つ認定こども園として運営がスタートしています。

先生達は大変そうですが、幼稚園全体がさらに活気に溢れている気がします。

今後もさらに、認定こども園は増えていく事が考えられています。

認定こども園の数は、平成29年4月1日の状況では、全国で5,081となっています。

資料:内閣府 認定こども園に関する状況について(平成29年4月1日現在)より

ちなみに平成28年4月1日では、全国で4,001の認定こども園数でしたから、1年で約1,000の施設が認定こども園として移行(もしくは開設)されたということになります。

東京都の認定こども園は、平成29年4月1日では合計で120となっています。

こちらも前年よりも増えていますので、それに伴って、認定こども園の求人も増えていると言って良いでしょう。

待機児童問題が深刻で、保育士不足が言われている東京都では、今後もさらに認定こども園の求人が増える事が予想されます。

認定こども園の求人は、正社員求人が多いです。

正社員として働きたい保育士さんにとっては、好条件の職場も見つかる可能性が高く注目の職場といって良いかと思います。

東京都 認定こども園の保育士求人が見つかりやすい保育士転職サイト

東京都で認定こども園の求人(保育士、幼稚園教諭)をお探しになる場合、次の保育士転職サイトが求人数が多くオススメです。

上からオススメ順のご紹介となります。

⇒ 保育士バンク

⇒ 保育ひろば

⇒ 保育情報どっとこむ

こうした保育士転職サイトを利用する事で、担当コンサルタントがあなたに合った職場探しをサポートしてくれます。

認定こども園での働き方についても詳しい情報を得る事が出来るのは、メリットといって良いのではと思います。

まだ新しい施設形態として、よく分からない事が多くて・・・でも認定こども園への転職には興味がある、という保育士さんも多いでしょうから。

保育士、幼稚園教諭とそれぞれの資格での働き方など、求人状況、給与や待遇、残業、園の雰囲気など、知りたい事をしっかりと確認してもらう事が出来ますよ。

今後も東京都では認定こども園の求人数が増加していくでしょう。

もしかすると、今働いている園が認定こども園になる可能性もあります。

保育士さんの就職・転職の際には、こうした保育士求人に特化した保育士転職サイトの活用がやはり便利ですので、オススメをいたします。

認定こども園の働き方、勤務時間について

認定こども園は、幼児教育と保育を一体的に行う施設です。

これまで幼稚園だったところは、保育所の機能が増えますから勤務の仕方に大いに戸惑う先生も多いのではないでしょうか。

保育園が持つ機能である長時間保育。

早朝保育や延長保育なども当然ありますから、正職員は8時間のシフト勤務というのが基本となってくる場合がほとんどです。

勤務時間については、それぞれの認定こども園によって異なりますが、基本的には、

7:00~19:00(遅めの認定こども園で20:00など)

といった時間で8時間シフト勤務、といった事になるでしょう。

東京都 認定こども園 保育士求人を効率良く、詳しく知るには

東京都でも認定こども園は施設数が増えています。

認定こども園数の増え方に伴って求人も増加傾向にあり、人手不足も強まっています。

認定こども園で働く事は、大変さもありますが今後のキャリアとして大きな可能性があります。

保育経験を広く積める事になりますからね。

認定こども園は保育園とはまた違う幼稚園の行事への取り組み、保護者との関係など様々な経験を積める場といえます。

2つの資格取得を目指す方にとっては、サポートや補助ありの認定こども園などを探す事もお勧めです。

そうした認定こども園の詳しい情報に関しては、転職支援のプロを活用しての情報収集がやはりオススメです。

代わりに知りたい事を確認してもらう事が出来るのは、時間的に大きなメリットですね。

⇒ 東京都 認定こども園の保育士求人が見つかりやすい保育士転職サイト

東京都で認定こども園の求人をお探しになる際にでオススメの保育士転職サイトをご紹介いたしました。

情報収集の利用も無料ですし、良い職場があったら求人への応募を考えたい、といった活用方法でもOKです。

気軽に情報収集からスタートされてみてはと思います。




キーワード