病棟保育士として働くには

病棟保育士の仕事内容


病棟保育士

病棟保育士として働くには

保育士が働く場所と聞いて多くの人が思い浮かぶのが保育園ではありませんか?

ですが、保育士が働く場所は保育園だけとは限られていません。

病院で勤務する「病棟保育士」をご存知でしょうか。

一般の保育園で働く保育士とは違うのかな?どんな仕事内容なの?お給料や待遇は?など疑問があると思います。

転職を考えていたり求職中の保育士で、保育園や乳児園以外で保育に関わる仕事がしたいと考えている方はチェックしてみてくださいね。

病棟保育士求人を探すには

もし、病棟保育士求人をお探しであれば、

⇒ 保育士バンク

⇒ 保育ひろば

⇒ 保育士求人【ジョブメドレー】

などの保育士求人を専門として紹介してくれる人材紹介会社、求人サイトを利用することで情報を得られることがあります。

他の保育士の職場と比較をすると、非常にレアな職場と言えます。
情報収集は一つの方法ではなく複数、病院の保育士採用情報も直接チェックする事もオススメいたします。

関連記事:病棟保育士のいる病院

病棟で働く保育士とは

そもそも、病棟保育士って何だろう?と思われている方も多いかもしれません。

病棟保育士は文字通り、病院の小児病棟で働く保育士になります。

病棟保育士と言っても呼び方が決まっているわけではなく、「医療保育士」や「院内保育士」と呼ばれることがあります。

医師や看護師と連携しながら、病気やケガで入院している子供の保育と子ども本人や家族のケアやサポートをします。

一般的な保育園と違って保育士がお世話をする子供達は病気やケガを抱えているので、保育の知識だけはなく看護や医療の知識も必要となってきます。

病棟保育士は、医師や看護師がいる場所での保育となるので専門的な知識は必要ありませんが、病棟保育士への転職を考えているのなら多少の医療の知識も必要であると思っておきましょう。

医療や看護の知識が多少でもあると、保育中の子供のちょっとした変化に気づくことができます。

素早い対応が求められることもあるので、子供達の病気、小児特有の病気・疾患などの知識を積極的に身につけることも大切です。

病棟保育士の仕事内容

病棟保育士の仕事内容は、主に長期入院している子供たちへ保育やサポートをすることになります。

具体的には、

・食事、排泄、睡眠のサポート
・睡眠の付き添い
・病状に合わせた保育活動
・家族のサポート
・医師や看護師との連携

などになります。

一般的な保育園と仕事内容が同じような所もありますが、病棟保育士は入院している子供達のサポートになりますので仕事内容は保育のみではありませんし、専門性も求められます。

医師や看護師は、たくさんの患者さんの医療をしなくてはいけないので、一人一人に寄り添うということは難しいですよね。

そのような時に活躍するのが、病棟保育士になります。

入院している子供達は、たくさんの不安などを抱えています。

病気への不安や心配の他にも、近くに家族がいない不安、学校に行けない不安、友達と自由に遊べないストレスなどを持ちながら入院生活を送っています。

精神的な不安やストレスは病気やケガにも悪い影響を与えてしまいます。

病棟保育士は、病気やケガで入院している子供達の気持ちが少しでもリラックスしたり和らげられるように関わりを持ちます。

入院中の子ども達は、それぞれ違う病気を持っていたり、病状や状況、置かれている環境も違ってきます。

一般的な保育園では健康で元気がたくさんある子どもと接しますが、病棟保育士は病気を抱えている子供へのサポートになるので、病期や精神的な不安などへ気を配りながら一人一人に合った保育をしていくことが重要です。

また入院をして不安を抱えているのは子ども本人だけではありません。

保護者も同じ気持ちでいることを忘れないようにしましょう。

子どもの前では元気に明るく接して不安を感じさせないように気をつけている分、不安や悩みを抱えこんでいる保護者もたくさんいます。

家族へのサポートも病棟保育士に求められる大切な仕事内容と言えます。

病棟保育士になるには

病棟保育士になるには、保育士の資格を持っているとなることができます。

ただし、保育士としての勤務経験、勤務年数などがある人が求められます。

病棟保育士は、即戦力になる保育士が求められていますので、新卒で病棟保育士になることはできないと考えておきましょう。

病棟保育士を目指すのなら、まずは一般の保育園に勤務して経験を積み、知識を身につけることが必要です。

休日に病院へ子供達のお手伝いをしにボランティアをすることも経験になりますね。

実際に働くには、保育の経験と知識だけではなく、医療知識も必要です。

病棟保育士に関連する民間の資格などが取得できるようになってきているので、勉強できる環境は増えてきています。

ですが、まだまだ病棟保育士という働き方は確立されているものではないので、病棟保育士を雇用している病院は少ないです。

近年の少子化問題によって、小児病棟がある病院が減ってきているのが現状です。

保育士が病棟保育士に転職するハードルは、更に高くなってくると考えられます。

病棟保育士として働くと、一人一人に合わせたサポートが必要となるので、一般の保育園に勤務するよりも子どもたちと深い関わりをもつことになります。

それだけに、子どもの病状が良くなって退院するときはとても感動してしまいます。

また、入院中は普段の生活とは全く違うことになるので、社会から孤立しがちですよね。

退院した後にスムーズに生活を送ることができるように、病棟保育士は子供と社会をつなげる役割をしたいですね。

今、子供達の間で流行っていることや物などを保育の中に取りいれたりなど、普段から情報をキャッチしておく必要があります。

病棟には、重い病気にかかっている子どもとの関わりがあるので、心が苦しくなることもありますが、社会的にも意義を感じることができるやりがいのある仕事です。

病棟保育士は、保育経験がある保育士が求められています。

求人情報があまりなくて気持ちが焦れてきますが、今のうちに経験を積んで知識を得ておくと後々活かせる職場を見つけることができますよ。

⇒ 病棟保育士求人を探すには




キーワード