託児所で働く保育士として転職
保育士転職サイト おすすめランキング > 保育士の職場 > 託児所で働く保育士の仕事内容

託児所で働く保育士の仕事内容


託児所で働く保育士

託児所の保育士としての仕事、転職について

保育士の資格は、持っていると様々な場所で活躍することができます。

保育園を始め、児童養護施設、幼児教室の講師・児童養護施設・託児所などどの施設でも子どもを預かり事故やケガがないように保育するのが目的のお仕事です。

今回は、保育士の職場として「託児所」についてご紹介してきたいと思います。

子どもを預かる託児所には、たくさんの形態があります。

託児所で働くときに必要な資格や仕事内容など、保育園で働く保育士とはどのような違いがあるのでしょうか。

待機児童を解消するために、保育施設が徐々に増えてきています。

その中で保育士の就職先や転職先で託児所を選ぶ方もいるのではないでしょうか。

また、正社員としての転職ではなくパートやバイトとして都合の良い時間帯、短時間での働き方が気になっている保育士さんもいるかもしれません。

託児所の種類、施設形態

託児所とは、乳幼児(0歳から未就学児)を預かり、保育する施設となります。

国や自治体の認可を受けていない認可外保育施設となります。

認可を受けていないと言っても、開設するには国や自治体の条件などに適合していなくてはいけません。

決まった定義はありませんが、企業が経営している子供を預かる施設のことを託児所と言われることが多いようです。

託児所には、毎日通園している子どもの月極め保育、美容室に行っている間などの一時預かりやスポットで利用するという子供もいます。

施設の形態では、

・保育園と同じような独立型
・保育園に併設型
・病院内
・企業内
・デパート、イベント会場などの施設内
・駅構内
・美容室

など。

24時間対応している託児所もあり、さまざまなライフスタイルに合わせることができるようになっています。

子どもを預かってもらいたい保護者の役に立つことができます。

託児所の施設内は、保育園と同じで子どもが喜ぶ環境になっていて、おもちゃなども準備されています。

託児所で働く保育士の仕事内容・役割

託児所での仕事内容は、基本的には保育園と同じです。

・ミルクや食事の介助
・おむつ交換
・トイレへの促し
・お昼寝
・お散歩

などで、一般的な保育園と同じですよね。

託児所には、さまざまなタイプがあり、保育の時間で英会話の授業があったり、プール学習があったりなど独自のプランを行っている場所もあります。

託児所によっては、保育園と同じように1日の流れを設定して行っているところもあります。

ですが、多くの託児所では好きなおもちゃで自由に遊ぶことができます。

保育士の関わりは、安全に遊べるように見守りながら一緒に遊ぶこととなります。

託児所は、預かる年齢がさまざまで、働く保護者のシフトや残業などによって保育時間が違ってきますよね。

なので集団保育をするのは難しくなっているようです。

託児所での仕事は、不規則となっています。

一般的な保育園と違って、毎月のイベントや大きな行事がないということです。

制作物の作業に追われたり、残業が続いたりという過度な仕事をする必要がありません。

外遊びもほとんどないので、体力的負担が少ないのもメリットとも言えるのではないでしょうか。

託児所の雇用は、アルバイトやパートが多いようです。

シフト勤務が多い託児所での働き方

託児所は勤務時間が不規則なので、朝から夕方まで同じ時間に拘束されるということはあまりありません。

シフト勤務になる託児所が多いので、勤務時間を調整し、空いた時間を十分に使いたいと言う方には良い働き方かもしれませんね。

託児所では、スポットで利用できる一時預かり保育があります。

お預かりする子供の年齢の幅が広く、預かっている子供の人数、顔ぶれなども毎日変わってきます。

一時預かりでは、保護者と離れるときに泣いてしまう子供の対応から身の周りのお世話も年齢によって違ってきますよね。

その時にいる子供の年齢に合わせた保育や対応が必要になるので、臨機応変に対応できることが大切です。

利用される子供たちの利用時間は、保育園と違ってそれぞれになります。

子どもが託児所や、保育士に慣れるまでにどうしても時間がかかってしまうものです。

保育士は、子どもたちとのコミュニケーションを積極的にとれるようになりたいですね。

先にも伝えましたが、託児所は国の認可がない施設となります。

託児所で働く時に気をつけたいこと

特に気をつけたいのが、衛生面と安全面です。

風邪・インフルエンザなどのウィルス感染などを蔓延させないようにすることや食中毒を起こさないような環境を作ることが大切です。

託児所では、赤ちゃんから未就学児をお世話するので、それぞれの年齢に合わせてお預かりする前の体調チェック、健康管理が重要になるでしょう。

実は、託児所を開設するときや働くときには、地域によりますが、保育士の資格は必用ありません。

子どもをお預かりすることが目的なので、保育士資格がなくても運営できるようになっています。

したがって、無資格の方がパートなどで子供達のお世話をすることも可能なのです。

ただし、大切な子どもを預かるという責任は保育園も託児所でも同じことです。

託児所も、保育士資格を持っている人が働いている方が望ましいと言えるでしょう。

採用されるときにも保育士資格を持っていると優遇されたり、有利に進んだりしますし、子育て経験があるのなら、知識や経験を活かすことができるでしょう。

働く女性が増えていることから、ライフスタイルに合わせて利用することができる託児所は必用不可欠になってきます。

そこで働く保育士のニーズも高くなっていくと推察されるでしょう。

託児所の求人について

託児所の求人は、パート募集も多いので、家庭の事情などに合わせて無理することなく働くことができますね。

また、正社員でも募集もあります。

お給料や待遇など、一般の保育園と変わらないという託児所も多いので、保育士のブランクがあったり、自分に合わせた働き方をしたいという方には、保育士として復帰する職場としてはピッタリかもしれません。




キーワード